FC2ブログ

    GHSじゃないかな

     みなさん、こんにちは。
     さて、戻ってきたYAMAHA SF-7000、ナット交換でしたので弦交換がされていました。
     ところで、私は戻ってきたらソッコーで弦交換するつもりでした。
     きっとダダリオに換えられているのでは!?と思っていたからです。
     しかし最初に手にした時に”これはダダリオではナイ!”という感触がありまして、ボールエンドを確認したところ色分けされていませんでした。
     ふ~ん、やっぱり違うよね!という感じでしたが、果たしてこの弦のブランドは?
     
     ダダリオ・ファンには申し訳ないですが、ダダリオじゃなかったことで私、弦交換をやめました。
     最初はアーニーなのか?とも思いましたが、アンプで鳴らしてみるとアーニーほどのブライト感がありませんな。
     そしてテンションはアーニーよりもややキツく感じます。
     音はやや硬質ですが非常に粒立ちが良いですね。
     ってなワケで、弦マニア(笑)の私が出した結論は……、う~ん、え~と、これは多分GHSだと思います。

     そして当然のことながら弦高は上げましたよ(笑)。
     ただし、ちょっとだけ以前よりも低目かもしれませんね。
     それでも6弦12フレット上で3mmオーバーは維持されてますけど……。
     まあ3.3mmだったのが3.1mmくらいになったという感じですかね。
     当然弦高を上げたのでイントネーション(オクターブピッチ)も調整。
     そんなに弦高高いと苦労するでしょ!?という話もありますが、このギターはまあ大丈夫ですね。
     3弦と6弦はけっこうきわどくなりますが、まだもう少しサドルを後ろに動かせる余裕はあります。
     そしてもちろん、フロントピックアップの位置を下げました。
     しばらくこのGHSと思われる弦のまま弾こうと思います。
     ショップに確認することも可能だと思うのですが、間違っていたら恥ずかしいのでやめておきます。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2020/04 | 05
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック