FC2ブログ

    Solid Bond

    Whatf.jpg
    『WHAT KIND OF FUTURE DO YOU WISH FOR?』ニューリリース!!
    ダンカン’59とDRの組み合わせはスウィートでクリーンです。「Hopes」で聴くことができます。


     みなさん、こんにちは。
     ギターの弦交換で気分転換をする鈴木です。
     やはりR.Coccoの替わりというのはハードルが高いのか?
     ちょっと期待していたGibson Brite Wiresは遠く及ばず、期待していなかったSITに至っては、
    「そもそも違うでしょ!(笑)」という有様。
     そして三番目の刺客(?)となるのはSolid Bondであります。(敬礼!!)
     
     しかしこの弦については全く予備知識がありませんな。
     会社自体は国内のブランドなのね。
     でも弦には”MADE IN U.S.A”の文字がありますね。
     まあSolid Bond社が企画・発案をして、アメリカの弦メーカーが製作をしているということなんでしょうけど。
     お値段は\680(税別)と、バカ高くはないけれどお安くもないです。
     う~ん、この価格だとちょっと期待してしまうぞ。

    DSC_0015.jpg

     パッケージはこんな感じ。
     30年程前までは弦と言えばアコギも含めてこういう外袋が一般的でした。
     何だか懐かしいですね。
     ところでいきなり揚げ足取りになるのですが、パッケージの裏側の写真。

    DSC_0016.jpg

     え~と、Siver Ball end!?Silver Ball endの誤植でしょうね。
     ちなみにこの部分はシールになっておりまして、パッケージに直接プリントされているワケではありません。
     国内で貼ったのでしょうか?
     最新の流通在庫では訂正されていることを願ってやみません。
     そして内袋はこうです。

    DSC_0017.jpg

     密封されておりますが、各弦が1本ずつ丸められております。
     けっこうアチャ~!って感じでして、このパッケージを最高!という人はおりますまい。 
     完全にセット単位での交換しか想定されていませんね。
     初心者まで含めて幅広く売ろうとは考えていないのでしょうね。

     何だか非常に辛口になってしまいましたが、私は本名で書いているし自分で買ったのですからご容赦いただきたい。
     さて、弦を取り出しオリャ~とほぐしましたら、まあソコソコ伸びました。
     とは言え、アーニーボールやDRのレベルには遠く及びません。
     張ってみますとテンションは柔らかいです。
     弦の鳴り自体も良好な感じ。
     詳しくは後日ってことで。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    08 | 2020/09 | 10
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック