FC2ブログ

    ジムダン

    Whatf.jpg
    『WHAT KIND OF FUTURE DO YOU WISH FOR?』ニューリリース!!

     みなさん、こんにちは。
     心の余裕とかヌカし、ほとんどムダとも思える弦交換をするオッサンです。
     ってなワケで、レスポール・デラックスに張られていたアーニーボールは役目を終え、JIM DUNLOP DEN1046に張り換えられました。
     パッケージは紙箱に紙袋というもの。
    DSC_0023.jpg
    DSC_0025.jpg


     以前試した5年前には個別包装の密閉ビニールそれぞれに乾燥材が入っていましたが、これはどうしたことか?現在はこうなってしまったのですかね。
     正直、日本の夏にはかなり厳しいパッケージになってしまいました。

     さて、その5年前の印象は、
    *かなりシャリシャリの音。
    *弦が異常に長い(笑)。
    *テンションは軟らかめ。
     このシャリシャリ感がデラックスのミニハムではキツ過ぎるだろうとの判断で、北海道の友人の要請を最初は断ったのですが、高音域がキツいアーニーボールが大丈夫なんだから、案外イケるのでは?と思い直した次第です。

     さて実際にはどうか?
     ディストーション・サウンドは……、そのシャリシャリ感は別に大丈夫です。
     それほど高音域がキツい感じも無く、とても歯切れの良い音です。
     弦の出力がやや低目なのでアンプやエフェクターでのゲイン調整が必要になりますが、けっこう気持ちの良い音かも。
     GHSが”ゴンゴン”、アーニーボールが”ギンギン”、であるならば、ジムダンロップは”ザクザク”といった感じでしょうか。

     テンションは巻き弦がかなり軟らかいです。
     プレーン弦も普通よりは軟らかめだと思うのですが、ちょっと巻き弦とのバランスが悪いかもしれません。
     クリーン・サウンドは、う~ん、ちょっと物足りないかも。
     弦の振動の感じは良好で弾き心地も悪くないのですが、音にちょっと艶がありません。
     この辺はDRやアーニーボールにはちょっと敵わないようです。

     パッケージには不安が残りますが、価格は500円程度であり、気に入る方もきっといるはずです。
     通常の1046セットではちょっとテンションがキツいと感じていて、シャキッとした音が好みであるならばハマる人もいそうです。
     実際、最初に試したGIBSON BRITE WIRES、SIT、SOLID BOND等より、私はこちらの方が好きですよ。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    心の余裕

    Whatf.jpg
    『WHAT KIND OF FUTURE DO YOU WISH FOR?』ニューリリース!!
    ギタリストは必聴かも!?

     みなさん、こんにちは。
     アーニーボールの耐久性が良くなったのは果たして私の勘違いか!?
     賛同する意見は全く聞かれませんな(笑)。
     単に私の”スパードライフィンガー”が加齢とともに一歩進んだだけかもしれません。
     まあとにかく、レスポール・デラックスの常用弦はGHS GUITAR BOOMERSを筆頭候補として、強力な(?)サブメンバーとしてDR、アーニーボールが認定されました。
     私もこれで一安心です。
     さて、心に余裕ができたことで、またムダなことをしてしまいます。
     まあムダは”豊かさ”ですよ!とワケの判らないことをヌカシてみます。
     イヤね、何故か?デラックス用としてまた別ブランドの弦を買ったのですよ。
     実はこのデラックス用常用弦の検証(そんなに大したことではナイ)を始めた当初、北海道の素敵な牛舎を持つ友人(久しぶりの登場ですな)から、
    「ジムダンロップも試して欲しい」との要望があったのです。
     しかしその時は、
    「ジムダンは以前試した時にあまりにもシャリシャリに感じたから、きっとミニハムには合わないよ」と返答しました。
     うん、きっと無理ですよ。
     しかし人間とは不思議なもので(お前だけだよ!)、常用弦がほとんど決まった心の余裕から、「ジムダンを試してみるのも面白いかも?」とか思いましてね。
     ジムダンロップを含めた3種のブランドをムダに購入してしまいました。(バ~カ)

     以下が購入された3種でございます。
    DSC_0022.jpg

     3種とも以前当ブログでギター弦レビューをした時に採り上げています。
     写真左上から、JIM DUNLOP DEN1046、D'ADDARIO EXL110、KEN SMITH S1046でございます。
     オイオイ、お前はダダリオはもう生涯使わない!とか書いてなかったか!?
     ええ、多分そんなことを書きました。
     私、ダダリオの弦を評価しておりますが、どうしても好きになれないのね。
     しかしながら、今回GHSが登場することになったワケで、ダダリオを無視するのはどうか?まあ誰もそんなこと気にも留めていないと思いますけどね。

     ジムダンロップはけっこう高評価だったのですよ。
     白カスタムに搭載されているニューP.A.Fとの相性は、まあかなりトレブリーでしたが、それはそれでかなり面白いものでした。
     ケンスミスはとても耐久性が良かった記憶があります。
     私の使用環境だとそれほどメリットにならないのですが。
     ダダリオは……、案外ミニハムに合うかもね(笑)。
     まあ完全なる趣味の領域ですね。
     今後ムダにレビューしていきます。


    楽曲発売中!!

    最強説

    Whatf.jpg
    『WHAT KIND OF FUTURE DO YOU WISH FOR?』ニューリリース!!

     みなさん、こんにちは。
     レスポール・デラックスの常用弦。
     他人にとってどうでもイイことではありますが、GHS、アーニーボール、DRの三つに絞られました。
     っていうか、実際のところ”この三つならどれでもイイかも!?”という感じもしますし、アーニーボールとDRは既に他のギターの為にストックしているのですから、とりあえずそのストックのラインアップにGHSを加えれば良いだけですね。
     ところで……、以前「アーニーボールの寿命が延びてないか?」と書きました。
     う~ん、やっぱりそれは本当かも!?
     現在、デラックスにはアーニーボール・レギュラースリンキーが張られているのですが、ちょうど一週間経過した本日の弦の状態はかなりイイのです。
     毎日3、4時間弾いているのですけど、けっこう元気ですね。
     アーニーボールは音は良いけど寿命が短い!というのはこれまで一般的に言われていまして、私自身もそれは感じていたのですが……。
     寿命が普通ならばほとんど最強じゃん!?
     もっとも、私の中では既に最強ですけどね。


    楽曲発売中!!

    値上がりしちゃった

     みなさん、こんにちは。
     ブエルタ・ア・エスパーニャも開幕しましたね。
     既に終盤に入っているジロ・デ・イタリアと両方観なければならないので大変です。
     しかしグランツールがかぶって開催されるなんて、今後私が生きている間にはもう無いでしょうね(笑)。
     今年のサイクルロードレースは、新型コロナの影響で変則的な開催時期となり、そのせいでベテラン選手受難の年となっている気がします。
     通常であれば、トレーニング方法など長年の経験が蓄積されたベテラン選手が有利になることが多い、長期のステージレースであるグランツール。
     しかし今年はむしろ若手の体力や経験に囚われない柔軟な姿勢が、ベテラン選手のアドバンテージを削る結果になっている気がします。

     話は変わって、近いうちに新調する予定であるメインパソコン。
     パソコンパーツってのは価格がけっこう変動するのですよ。
     で、私が今回購入する予定なのは、マザーボード、CPU、メインメモリ、SSDの4点。
     既にビデオカードと電源は新調していますからね。
     そしてその4点について、購入する機種はほぼ決定しています。
     もういつでも購入して組む心構えはできているのですが、やはりなるべく安く購入したいところです。
     先週あたりはイイ感じでして、「ひょっとしたらこれは底値かも!?」とか思っていました。
     しかし、思っていたのですが何故か今一つ決心がつかず。
     その結果、今週に入ってメモリが値上がりしてしまいました(笑)。
     まあこんなもんです。
     ちょっとだけ気持ちが萎えました。
     さすがに値上りした直後に買うのはちょっとバカバカしい。
     それでもまだ4点の総額は予算内におさまっているのですけど。
     またしばらく様子見になりそうです。
     次こそは底値を見極めたいと思います。


    楽曲発売中!!

    GHSやや優勢

    Whatf.jpg
    『WHAT KIND OF FUTURE DO YOU WISH FOR?』ニューリリース!!

     みなさん、こんにちは。
     昨日の話なんですけどね。
     目覚ましに設定した時間より30分ほど早く目が覚めたのですよ。
     で、それなりに良い目覚めでしたからそのまま起きることにしました。
     ここから何の話になるかというと、やっぱりギター弦のことなんですけどね(笑)。
     つまり、その浮いた30分を何に使うことにしたのか?
     イヤぁ~、30分ってのは弦交換にはちょうどイイ時間ですわ。
     ってな感じで、ホントはその日の夜か翌日にしようと思っていた弦交換を、予定より早めることにしました。
     レスポール・デラックスに張られたGHSは既に十日ほど経過していまして、耐久性も含めてその特徴はほぼ掴みましたから、また再びアーニーボール・レギュラースリンキーにチェンジすることにしました。

     アーニーボール、もう35年も愛用していますからね。
     張り終えるとやっぱり「コレだ!」って感じに、指が吸い付くような感じになります。
     5年程前、様々なブランドの弦をとっ換え引っ換えしてテストしましたが、やはりアーニーボールの素晴らしさってのが痛感されたワケです。
     ただし、今回は最高の弦を探しているのとはちょっと違う。
     レスポール・デラックスに搭載されているピックアップ、ミニハムとの相性がテーマなのですから、単純に「アーニーボール万歳!」というワケにはいきません。

     さて、デラックス購入当初はアーニーボール特有の鋭い高音域が災いして、デラックスに張ると非常に”ピキピキ成分”が目立つ結果になり、一度は断念している経緯があります。
     しかし、デラックスも購入後9ヶ月が経過し、何となく音も変化してきた今日この頃。
     前回アーニーボールを張った時には「けっこうイケルかも!?」という感じでして、現在ではデラックス常用弦の候補として、GHS、DRと共に残っているのであります。(敬礼!!)
     
     で、どうなのよ!?
     う~ん、正直言ってディストーション・サウンドはGHSの方が良いかな!?
     アーニーボールの”攻撃的な”サウンドもアリなんですけど、GHSに比べるとやはり高音域での雑味がちょっと気になるかも。
     GHSを試していなかったら全然OK!と思ったかもしれませんが……。
     うん、GHSのディストーション・サウンドはやはり素晴らしいのです。

     じゃあクリーン・サウンドは?
     クリーンが互角であるならば、もうアーニーボールはナイ!ということになりますな。
     ところが、う~ん、こちらはアーニーボールの勝ちですな。
     以前も書きましたが、センターポジションにおけるアーニーボールのクリーンは……、まあこれは私の主観ですけどね、その高音域がとても良い方向に作用しております。
     クリーンだとGHSの力強さよりもアーニーボールの”艶”が生きてきますね。

     総合的に見るとどうよ?
     耐久性に関しては多分GHSが上で、価格はほぼ同じようなモノ。
     まあここはそんなに重視してませんが。
     う~ん、GHSのディストーション・サウンドのアドバンテージの方が大きいかな?
     ロクヨンかな!?
     個人的なアーニーボールへの永遠の愛を加味したとしても、アーニーボール勝利は難しいかもしれませんな。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2020/10 | 11
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック