FC2ブログ

    フレットにもよるかも

     信用はまるでナイかもしれない、ギターについての戯れ言を例によってカマして見たいと思います。まあ別に“この人ちょっと変だから!”ってのはみなさんお気づきかと思いますので、ワザワザ前置きは要らないかもしれないですが……。

     さて、以前新曲のレコーディングのため、Bladeストラトに10~46の弦を張ったということを書きました。とはいえ、そんなこと誰も覚えていないかもしれませんな。え~と、当ブログに慣れていない方に説明する意味で一応書きますが、鈴木はレスポールとYAMAHA SF-7000には10~46のレギュラー・ゲージ、BladeとTokaiのストラトには09~42のスーパーライト・ゲージを張っております。

     で、これは鈴木の30年あまりのギター・ライフの末に出した結論です。
     うん、何となくストラトにはスパーライトの方が良いんじゃない?
     
     Bladeにあえてレギュラーを張ったのは、そのレコーディングで指弾きをする予定だったからです。指弾きだとある程度テンションがあった方が弾きやすいからね。(自分比)ところでそのレギュラーを張った
    Bladeなんですが、このところ全然弾いていませんでした。別に特別理由は無いんですが……。で、先ほど久しぶりに“普通に”ピックで弾いたのですな。弦はまだレギュラーのままね。

     そうしたら、“アレ?イイ感じじゃん!?”(笑)
     そこで今度はTokaiを手に取ってみたわけです。まあこちらはこのところずっとスーパーライトが張ってありますから、いつもの感じですな。

     何だかBladeはレギュラーでもイイような感じなんだな。
     ところでこの2本のストラト、決定的な違いがあります。っていうか、まあ鈴木が一番の違いはそこだろ!?と思っている部分ですが、フレットの太さですな。

     Tokaiはオールドのコピーですから、いわゆるミディアムサイズのやや細めのフレット。Bladeはジャンボフレットなんだよ。一般的にはジャンボフレットの方が押さえやすいのですが、ミディアムフレットにはピッチの正確さと音の起ち上がりの良さという利点があります。

     ストラトにはスーパーライト!とかカマした鈴木ですが、どんなフレットが付いているか?ってのも重要かもしれないと思いました。思いましたじゃねぇ~よっ!!って気もしますが、実はストラトでもジャンボフレットだったらレギュラーもアリかも!?っていうか、ミディアムフレットならばスーパーライトが良いかも!?と言うべきなのかな。

     まあ鈴木の言うことなんてアテにならないですが(笑)、微妙に修正してみると、
    「ストラトには基本的にはスーパーライトが合うような気がしますが、ジャンボフレットのストラトだったらレギュラーでも良いかも!?」
    って感じにしておきます。ああ、そうなの勝手にすれば!って話ですな。またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    11 | 2020/12 | 01
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック