FC2ブログ

    妥当な感じです

     フィギュア世界選手権が続いております。
     だからムダに書くのです。
     ペアが終わりました。
     サフチェンコ/ショルコビー組(ドイツ)が、現役最後の競技会で有終の美を飾りました。何と5度目の金メダルであります。(敬礼!!)これまで楽しませてくれて、ありがとう!!とお礼を言っておきます。

     ちなみにペアで気づいたことを書いておきます。
     出場したのは23組で、フリーに進めるのは16組。で、今回フリーに進めた16組は全て2枠以上の出場枠を持つ国籍の選手。つまり1枠しかない国の出場者は全てフリーに進めませんでした。さらに、フリーに進むことができた国は、中国が来季の出場枠を2から3へと増やし、他の国は今季の出場枠を減らすことなく維持しました。
     ペアは強化が難しいことの証しかもしれませんな。

     さて、女子シングル。
     浅田真央はその持てる力を発揮致しました。
     あのようなトリプルアクセルを跳んだら、世界歴代最高得点も納得です。
     コストナーも素晴らしかったですね。これが競技会であることなんか、どうでもイイ感じでした。鈴木選手もSP自己最高をマークして4位。っていうか、この「愛の賛歌」はねぇ~、普通じゃないプログラムなんだぞ!!あんな風に音を捉えられる選手なんて他にいないんだぞ!!とか思いますので、もっと評価すべきだとオッサンが書いておきます。

     リプニツカヤは……、もうPCSもかなり出るようになりましたが、やはりスケーターとしての成熟度では物足りない感じに見えてしまいました。まあ仕方ないか。「タイムカード押しそうだ!」とはもう言わないですけど……。

     ゴールドが5位であって、上位5人は非常に妥当な結果だったと思われます。加えてポゴリラヤ(ロシア)が6位に入ってアシュリー・ワグナー(アメリカ)を最終グループから追い出したのはちょっとナイスな感じだな。

     ジジュン・リ(中国)とマルケイ(イタリア)がちょっとヘタレましたな。ジジュン・リは今季ずっと冴えない感じ。マルケイはガス欠な感じです。ユリア・トゥルッキラ(フィンランド)も伸びてこないよね。2年続けてフリーに進めませんでした。フィンランドは一時期女子シングル大国になりそうな勢いもあったのに……。と、ラウラ・レピストが好きだった鈴木が言っておきます。本日はアイスダンスと男子シングル・フリーでして、ムダにソワソワしているのでした。またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2020/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック