FC2ブログ

    最高の結果かもね

     毎日フィギュアスケートにテニスと、ただのスポーツ好きのオッサンと化している感がある鈴木ですが、ギターの基礎練習は課題を持ってやっているおかげで、けっこう調子が良い!と書いておきます。

     ってなワケで、フィギュア世界選手権。一応断っておきますが、きっと役に立つようなことは書きませんよ。
     で、男子シングル。ある程度予想はついていましたが、羽生、町田のワンツーでございました。おめでとうございます!!本日は、っていうか、ここ数日の間は2人についての賞賛の言葉が至る所で発言されるでしょうから、鈴木がムダにグダグダと書くことは致しません。とにかく素晴らしい戦いでございました。

     ジェレミー・アボット(アメリカ)も最後のアマチュア競技会を、まずまずのデキで終えることができまして、鈴木個人としても満足です。(本人はやや不満そうでしたが)これまで、素晴らしい演技をありがとう!お疲れ様です。ちなみにアメリカは来季の世界選手権の出場枠を“3”に戻すことができました。

     コフトゥンは4位でしたね。しかし何度観てもつまらないプログラムですな。楽しさも美しさもありませんな。彼ぐらいの年代ですと、競技会毎に上手くなっていくのですが、何かそれもあまり感じませんな。でもロシアは来季2枠になったな。

     さて、もう終わりかよ?って感じですがアイスダンスに移りたいと思います。
     カッペリーニ/ラノッテ組(イタリア)がショートダンス1位とは何とも嬉しい感じです。もっともイリニフ/カツァラポフ組のトゥイズルがノー・バリューになるミスがあったからとも言えるのですが……。しかしながら2位がウィーバー/ポジェ組(カナダ)、3位がペシェラ/ブルザ組(フランス)というのはイイ感じです。ボブロワ/ソロビエフ組が棄権してしまいました(残念!)ので、このままの3組でメダル獲得になると良いなぁ~と思っているオッサンです。希望としては、ペシェラ/ブルザ組が最終的に金メダルになることですが、首位との差は1.5点。う~ん、他の競技なら“ほとんど差は無い”と言えるのですが、アイスダンスですと非常に微妙な差ですね。
     
     アイスダンスは放送時間が短いようですから、きっと放送されないと思いますが、ジガンシナ/ガシー組(ドイツ)はけっこう好きですし、ギルス/ポワリエ組(カナダ)のフリーダンスはとても素敵ですので要注目よ!!とアホなオッサンが言っておきます。まるで小学生の作文がごときになってしまいましたが、終わります。またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    11 | 2020/12 | 01
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック