FC2ブログ

    そこがツボかい!

     さて、友人は鈴木のギターのどこがツボだったのか?
     今明かされるその“秘密のセッティング”とは?
     とかムダに盛り上げてみましたが、きっと“な~んだ”ということになるかも?

    「お前さ、どうしてフロント・ピックアップがこんなに下がってんの?」

     確かに鈴木のギターはフロント・ピックアップがかなり下げてあるかもしれませんな。ギター弾きのみなさんはどれぐらいでしょうか?ちなみに鈴木はエスカッションの一番上のラインよりもかなり沈み込んでおります。そうね……大体3ミリぐらい沈んでるかな?

     もちろんこれは、買った時にそうだったからそのまま!!とかいう話ではありません。
     キチンと自分なりに調整した結果です。
     何故そうなるのか?鈴木は先ずリア・ピックアップの位置を決めます。どうやって決めるかというと、まあ普通に上げられるだけ上げます。あんまり近づけ過ぎるとサスティンに影響しちゃうから、ただ上げるワケではナイですけどね。とにかく“イイ感じ”のところまで上げます。

     さて、リア・ピックアップは鈴木のスタイルではディストーション・サウンドがメインです。まあそれなりに歪ませますな。リアがイイ感じに歪んだアンプのセッティングが決まったら、アンプはそのままのセッティングで、セレクターをフロントに切り替える。そしてその状態でフロントの歪みがイイ感じになるように、ピックアップの位置をセッティングしているのです。フロントの方が弦の振動を拾いやすい位置ですから、仮にフロントとリアの弦からの距離を同じぐらいにすると、どうしてもフロントの方がヴォリュームは大きくなるじゃん?だから仮にフロントとリアを同じぐらいの歪みにしたければ、必然的にフロントの方が弦から離れた位置になりますな。

     もちろん違うピックアップを搭載している場合は、パワーが違うからここまで単純な話ではないですが……。そして鈴木はフロントはリアよりもソフトな歪みが好み。ってなワケで、そうなるように煮詰めていったらどんどんフロント・ピックアップが沈み込んで行ったんだよぉ~ん!!ちなみにレスポールとSFのフロントはどちらもダンカン'59、リアはレスポールがダンカン・カスタム、SFはダンカン・JBでございます。

    「こんなに下げてるのは見たこと無いぞ!!」と友人。
    「でも別に俺の作品聴いてもサウンドに違和感は無いだろ!?」と鈴木。
    「確かにな、別に変ではナイけどな。でも見ると笑うな!」と友人。

     ってな感じで、どうやら鈴木の“エスカッションに沈み込んだフロント・ピックアップ”がツボだったようです。でもみんな多少は下げるよね!?まあ鈴木は極端なんだろうな。またね。

    知名度とフロント・ピックアップの位置はリンクしているのか?楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2021/01 | 02
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック