FC2ブログ

    達人にはほど遠く

     みなさん、こんにちは。いつもご訪問ありがとうございます!!
     しかしあのFC2の訪問履歴の仕様は元に戻らないのでしょうか?
     ちなみにFC2ブロガー様方々で、“こちらの方が良い!”と書かれているのを見たのは皆無です。イヤ、実は皆無というのはウソで、1人だけいたかな?でも多分、
    「戻して欲しい人:良くなったと思う人」の比率は、「7万:1」ぐらいだと思っている鈴木です。

     さて、このところムダにスポーツ関連のネタばかり続きましたので、今回はギターの話にします。このままでは私がギター弾きだということが忘れ去られて、ただのスポーツ好きのオッサンだと思われてしまいますからね。でも、それもまあ事実か。

     ってな感じで、何の話かと申しますと“スライド・ギター”の話なんだよ。
     鈴木のギター・プレイにおける3大タブー、アーミング、ワウワウ、スライド・ギターのウチのひとつダァ~!!
     で、これまで持っていなかったスライドバーを素敵な牛舎の友人が“ネタとして”くれたのが今月の最初の週。以来鈴木は、本気なのかネタなのか?自分でも判らぬままにスライドバーとムダに格闘してみています。

     で、スライドバーを左手のどの指に嵌めるのがベストか?
     先ずこれからだな。人差し指だけはそこに嵌めちゃうとミュートができなくなっちゃいますから、残りの3本、中指、薬指、小指で自分のやりやすい指に嵌めればイイワケだ。アーティストの写真などを見ると……、まあ様々ですな。薬指が多いかなぁ~。

     色々と試してみましたが、鈴木的にはやっぱり薬指かなぁ~!?でも小指もアリって感じ。中指は無いかな!?小指が一番正確な音程の狙いがつけやすい感じですが、薬指に嵌めると小指をバーに添えることで、バーと指の関係を安定させることができるから、こっちの方がイイかな?

     そういうワケで、毎日必ず真剣に!という程ではないですけど、約3週間強、
    「ミュイ~ン!!」って感じでやっておりましたら、最近何となくコツが判ってきましたな。弦高はどうした?という話ですが、鈴木は通常で12F付近で4mm弱の弦高ですから、そのままです。でも、もうちょっと上げると更にやりやすくなりそうです。

     で、コツが判ったって言うけど、どのぐらいのレベルよ?
     え~と、もちろん達人にはほど遠いレベルであって、仮にレコーディングしたとしたら、
    「聴き苦しいとまでは言わないけれど、普段はこの人スライドやらないでしょ!?」
    というレベルです。っていうか、全然説明になってない気がしますね(笑)。簡単なフレーズならギリギリ使えるレベルってところか!?ちなみに、オープン・チューニングなどではやったことありません。レギュラー・チューニングでソロ風のフレーズをミャ~ミャ~やってるだけです。

     もし達人を目指すとすると……、その他全ての奏法を失う覚悟でやらないと無理そうです(笑)。だから程々にしておきます。でもそのうち鈴木の楽曲で、
    「スゲ~奥の方でメチャクチャ小さい音のスライド・ギターが鳴っている!」
    とかいうことがあるかもしれません。(ねぇ~な!)またね。

    楽曲発売中!!(スライド・ギターは入ってません!)
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2020/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック