FC2ブログ

    まるで個人TTだな

    「Escape」絶賛発売中!!

     お待たせしました(?)、本日よりiTunes storeでも配信開始です!!よろしくお願いします。

     というワケで、今回はツール・ド・フランスのムダな記事です。
     昨日の第9ステージ、きっと逃げが出るだろうと予想されたステージで、トニー・マルティンが大逃げをかまし、見事にステージ勝利!!ついでに山岳賞と敢闘賞もゲット!! 
     う~ん、本日は水玉のマルティンか(笑)。
     追走が数人で先頭交代しているのに、独走のマルティンとまったく差が縮まらないってのは……。追走の目的がマルティンの追撃では無かったとしても、マイヨ・ジョーヌ獲得のために全力で走っていたのにね。
     しかもマルティンはけっこう余裕があったらしい(笑)。
     しかしドイツはW杯もそうですが、今ツールでもドイツ人が5勝だよ!!

     さて、マイヨ・ジョーヌ(総合1位)が入れ替わりました。
     アスタナからすれば戦略的委譲(こんな言葉があるのかどうかは知らん!)ですけど。
     というワケで、総合1位はトニー・ギャロパン(ロット・ベリソル)!!
     ニーバリからすれば、総合力があるとはいえ最終的なライバルには成り得ないギャロパン(チームのエースでもない)にジャージを上手く渡したことに。
     本日、休養日前の第10ステージは厳しい山頂ゴール。
     ここでレースをコントロールしないで済むのは、アスタナにとっては大きいか? 
     でも、個人的にはこのリーダー・ジャージを明け渡す戦略ってあまり好きではありません。

     もっとも、コントロールしなくても良いとは言っても、どのみち、アシストは全力を使わねばならないことに変わりはありませんな。本日第10ステージは2級、1級、1級、2級、3級、1級、1級と7つの山岳がある難関ステージ。とりあえずギャロパンはチームに総合を狙うヴァンデンブロックがいますので、ジャージを守るよりはむしろアシストしなければなりませんな。本日もジャージが移動することでしょう。

     実質1位がニーバリ(アスタナ)であることに変わりありません。
     このニーバリと“本命”コンタドール(ティンコフ・サクソ)の差は2分34秒。
     本日のステージが終わった時点で、ニーバリにマイヨ・ジョーヌが戻ってくる可能性は高いでしょう。問題はコンタドールとの差がどうなるのか?
     
     先日の第8ステージでは、登坂力ではやはりコンタドールが一番か?と思わせましたが……。とにかく本日は自転車ファンは必見です。自転車ファンでなくとも、とりあえず観てみると、そこに“何か”を感じ取ることができるかもしれません。
     またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2021/01 | 02
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック