FC2ブログ

    燃え尽きはしないけどね

    「Escape」絶賛発売中!!

     え~と、トップに張るのもこれが最後です。とはいえ、販売はオーバーナイト・センセーションが起こるまでっていうか、ずぅ~っと続きます。よろしくお願いします!!

     ってなワケで、今年のツール・ド・フランスも終わりました。
     ジロやブエルタでは終了とともに燃え尽きる鈴木ですが、ツールで燃え尽きることはありません。
     
     さて、今年もツールはツマラなかったのか?
     優勝候補が二人もリタイヤした割には面白かったよね!?
     少なくともスカイが圧倒した咋年と一昨年よりは面白かったかな。
     まあ鈴木が“ニーバリ贔屓”だったから!という意見もあるかも。

     とにかく、おめでとう、ニーバリ!!
     ライバル二人が不在の中、圧倒的な力を見せつけました。
     イタリア人の優勝はマルコ・パンターニ以来の16年ぶり。
     そしてニーバリは3大ツール全てで優勝ということになり、もはや“レジェンド”の仲間入りですな。

     総合2位ペロー、3位ピノーとフランス人の二人が表彰台に。
     フランス人の総合表彰台もリシャール・ビランク以来の17年ぶりです。
     そのせいか、最終日の観客も例年より多かったようです。
     特にピノーは新人賞(25歳以下の選手の総合首位)も獲得し、これから10年ぐらいは総合を争う選手になるでしょうね。1985年にベルナール・イノーが総合優勝して以来、“地元”フランス人の優勝者はいませんが、近い将来それに終止符が打たれるかもしれません。

     山岳賞はラファル・マイカ(ティンコフ・サクソ)。
     もしコンタドールがリタイヤしていなかったら、この賞を獲得することはできなかったでしょう。しかしながらそこからの作戦変更は見事。ティンコフ・サクソのチーム力の高さを示しました。

     ポイント賞はペーター・サガン(キャノンデール)。
     怪童サガンは3年連続の受賞。しかし今年はステージ勝利はナシ。それでも中級山岳ならコンスタントにポイントを獲れるのが強みだな。でもサガンは今後一体どうするのでしょう?鈴木個人の希望としては総合系の選手になって欲しいところですが……。

     ってな感じで、ツールですから燃え尽きたりしませんが、今日からちょっぴり寂しい夜になりそうです。
     またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2020/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック