FC2ブログ

    1本買うなら

     もし今この瞬間に、私が所有するギターが、理由はどうあれすべて無くなったとしましょう。昨日の記事にちょっと絡みますが、そうしたら一体どんなギターを買うか?という話でもしますかね。面白いかどうかは別として……。

     どうせだから1本だけで、しかも予算の上限はナシ!ってことにしましょう。予算の上限ナシ!って何て素敵な響きでしょう(笑)。そんな幸せな状況はこれまで遭遇したことはありません。でもどうせ想像上の話ですから景気よくいってみましょう。

     上限ナシですから、何百万何千万のヴィンテージ・ギターもアリってことになりますが、まあ買いません。1本だけってことを考えると違うような気もします。つまり、レコーディングだけでなく、日々の基礎練習も全部そのギターで弾くってことを考えると、何かねぇ~。勿体ないというわけではありませんが、やっぱりビビッちゃうかなぁ~。まあ、くれるというなら貰いますが(笑)。

     ホントはもうレスポールで決まりでしょ!?それもカスタムでしょ!?って感じなんですが、1本だけということを考えるとストラトキャスターの方が融通が利くような気がします。っていうか、自身のギターに対する好みを完全に排除して、あらゆる音楽に対応しようと考えた時には賢い選択かもしれません。

     これまでにも書きましたが、レスポールとストラトキャスターはどっちが好きか!?と問われればレスポールなんですよ。これは明かです。だってストラトってセーター着て弾くとブリッジにセーターの袖が引っかかることがあるんです!ってそれが理由か?ギター弾く時はセーター脱げよっ!!

     まあセーターの袖が引っかかるというのは、かなり本音に近い冗談なんですが(笑)、ストラトはロングスケールだから、弾いた時のレスポンスがねぇ~。その“遅れ”が気になると言ったら、「大丈夫か?コイツ?」って思う人もいるのですか?

     ストラトキャスターのフレキシビリィティーには大いなる敬意を払います。きっとセーターの袖が引っかかるのを差し引いても素晴らしいギターです!でもやっぱり私はレスポール・カスタムを買うでしょう。それも別にヴィンテージやヴィンテージのレプリカといった非常に高価なヤツではなくて、現行の“普通の”カスタムを買います。

     レスポール・カスタムの定番カラーって黒か白なんですが、どうせだからちょっと変わった色にしてみるのもイイかもしれませんね。その方が目立つし無名な私を覚えてもらえるかもしれません。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    11 | 2020/12 | 01
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック