FC2ブログ

    車がまるで布団のように

     ギターのレッスンを承ります。ホームページよりお気軽にお問い合わせ下さい。

     先ほど昼過ぎ、最寄りのコンビニに飲み物を買いに行きました。
     その途上で、電線か電話線と思われる工事車両が2台駐まっていて、作業員の方々が数人その周辺におりました。どうやら“昼休憩”のようです。
     まあそれはよくある光景です。しかし、私は思わずギョッとしました。

     その工事車両の1台のフロント部分に人が横たわっていたからです。
     イヤ、横たわっていたとしても、自動車整備士さんのように仰向けで、車の底をのぞき込んでいるような姿勢でしたら、別に何とも思いません。「どこか車の調子が悪いのか?」と思うだけですな。

     しかしながら、その人は……、50過ぎぐらいの作業員さんだと思われますが、お腹辺りまでが車の下で、上半身は車の前方にはみ出て仰向けという状態で寝ていたのです。何と言うか、車という布団をお腹までかけているような状態でした。

     一瞬「車に轢かれているのか?」とか思いましたな。っていうか、日常的に見る姿勢では無いですな。具合が悪いのか?とも思いましたが、すぐ近くにいる作業員さん達も別に気にする様子もなく、単にその作業員さんは“熟睡コイてる”だけのようです。

     休憩中に寝るのはイイですが、どうして車のシートで寝ないの?シートには誰もいませんでしたよ。っていうか、どうしても“完全に”横になりたかったのか?でも何でその姿勢になるのよ?

     そこで私はムダに考えました。その道路には歩道もあります。しかし歩道で寝てしまうと通行者の邪魔になってしまいます。ってなワケで車道で寝ることになりますが(そうか?)、完全に車の下に全身入ってしまえば、当座誰の邪魔にもなりませんな。でもそれだと非常に息苦しいし、身体が隠れていますから、誰かがウッカリそこに彼がいることを忘れて車を動かしたら大変ですな。

     つまり、息苦しくもなく、彼がそこで休んでいることを忘れられないためには、車の下で寝るとすれば、せめて上半身は見えるところにないとマズイですな。よ~し、じゃあそうするとして、路駐している車に対して直角に身体をツッコンデ寝るとしましょう。しかしそれでは、別の車が横を通る時に思いっきり轢かれてしまいますな。

     ってなワケで、路駐している車の下で寝るには、その彼がやっていたポジションがベストなんです。きっと彼の長年の経験によって培われたポジションなんですな(そうか?)。
     っていうか、誰か止めろよ!と思いますけどね。
     またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック