FC2ブログ

    残り2試合の残留争い

     ってなわけで、プレミアリーグも延期分の試合をすべて消化して、全チームが残り2試合になりました。残留争いの行方は……。
     以下は当該チームの36節終了時の順位と今後の対戦相手です。

                  勝ち点  得失差   37節       38節
    15位 アストン・ビラ    37     -14   スパーズ(H)   ノリッジ(A)
    16位 ウィガン        37     -22  ローヴァーズ(A)  ウルヴス(H)
    17位 Q P R         34      -23    ストーク(H)    マンC(A)
    18位 ボルトン         34     -31    WBA(H)      ストーク(A)
    19位 ローヴァーズ      31     -28    ウィガン(H)   チェルシー(A)

     あと2チームが降格するわけです。表を注視すると気づきますが、奇跡的に37ポイントで5チームが同ポイントになる可能性があります。まあそれは無いでしょうが(笑)。多分、その場合に限りローヴァーズが残留する可能性があります。ってことは、逆に言えばローヴァーズは絶望的ですな。

     しかしながら、現実的にはその37ポイントのチームで明暗が分かれそうな感じです。
     具体的に、絶対あたらないと思いますが予想しましょう(笑)。

     アストン・ヴィラはスパーズに負けてノリッジに引き分け、勝ち点38。
     ウィガンはローヴァーズの頑張りで引き分けますが、ウルヴスには勝って、勝ち点41。 QPRは目標のないストークに勝って、シティに負け、勝ち点37。
     ボルトンは、え~とWBAの選手達とホジソンってどんな気分なのか、予想が難しいですねぇ~。基本的に2試合とも相手に目標が無いので、連勝する可能性もありますが、WBAがホジソンのはなむけにスゲ~張り切ったりとか、ブリタニアの最終戦でストークに伸び伸びやられたらどうでしょう!?連勝も連敗もあり得る感じなので1勝1敗ってことにして(笑)、勝ち点37。
     ローヴァーズは最初に書いたように、好調ウィガン相手に頑張って引き分け、そして最終節のロンドンでは、その時点で勝ち点的に4位が絶望的になったチェルシー相手に引き分け。となると勝ち点は33。

     以上の結果(予想)を踏まえますと、ローヴァーズは降格で、勝ち点37でQPRとボルトンが並びますが、得失点差を考えるとこの場合はQPRが残留するでしょう。ただしここ10シーズン(それ以前は1度だけあったような記憶が)のプレミアリーグでは、昇格した3チームすべてが残留したことがありません。というわけで、そのジンクス(?)に沿った考え方をすれば、QPRは残留できないかも。

     まあどうせ中らないから、ネタとして読んで下さい(笑)。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2021/01 | 02
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック