FC2ブログ

    コ~ンとカキ~ン

     ギターのレッスンを承ります。当ブログやホームページの記事に“ピン”と来て、尚かつギターの上達を真剣に考えている方は、お気軽にホームページにあるメールアドレスよりお問い合わせ下さい。お待ちしております。

     さて、連日ギターの話にする。
     実は先程まで、「全然ネタが思いつかねぇ~よ!もう今日の更新はきっと夜だな!?」とか思っていたのだが、部屋の掃除をしていたらちょっと思いついた。

     しかも当ブログの王道と言うか本筋と言うべきか、レスポールの話である。
     あっ!?今、身を乗り出した方がいると思うのだが、読了後の残念感予防のために、もっと軽い気持ちで読んでいただきたい(笑)。
      ってなワケで、レスポールの話であるが、しかもスタンダードとカスタムの音の違いについて書くのである。スマン、また身を乗り出した……(以下略)。とっとと書いた方が良さそうである。

     音の感じ方というのはまったくもって主観的だから、それを仮に言葉にしたからと言って、他人に伝えるのは難しい。う~ん、お前、いきなり逃げを打ってねえか?
     一般的に、スタンダードとカスタムでは、指板材の違いによって音に違いがあると言われている。え~と、昨日の話ではないが、この際エボニーとかリッチライトとか気にするなよ。つまりスタンダードはローズ指板、カスタムはエボニー指板(リッチライト)であって、それによる音の差違が有ると言われている。
     世間一般で言われているのは、カスタムの方が歯切れが良い音がする!というモノだ。歪ませた時にコード感がはっきりするとかさ。まあそんな感じ。確かに私もそれに同意する。最近何本かスタンダードを弾く機会があったが、それを再確認した感じだ。

     一応言っておくが、“どちらが良いか?”という話ではない。
    “どちらが好きか?”というだけの話な。

     さて、本日はこの音の違いを私なりに表現する喩えが見つかったので発表するのだ。
     もっとも、当ブログの常連読者様なら既に御承知だと思うが、私の喩えは決して“気が利いている”とは言えない場合が多い。むしろ更に迷宮に入り込む危険性もある。だから、私の喩えを理解するにあたっては、くれぐれも自己責任でお願いしたい。

     前置きが長過ぎるのは当ブログの仕様だ。申し訳ない!話を進めよう。
     野球の打球音を思い浮かべて頂きたい。木のバットと硬式球が当たるのはいつだって、“同じ”である。つまり大筋で言うと、毎回決まった材質のモノ同士がぶつかるのだから、その音を表現するのは一つの言葉でも良さそうなモノだ。
     しかしながら、その場面場面で、“カキ~ン!”と表現したくなる時や“コ~ン!”と表現したくなる時が有って、何となく使い分けたりするよね!?

     そう、実はコレなのである。スタンダードは“コ~ン!”、カスタムは“カキ~ン!”という感じかな?、……と。このニュアンスの違いが判るだろうか?重ねて言っておくが、“どちらが良いか?”ではなく、“どちらが好きか?”という話だ。

     さて、サッパリ判んねぇ~よ!という方がほぼ全員かと思われるが、付け加えておく。
     スタンダードは歪ませた時に、“ミョ~ン”という音を、イヤ、音というよりニュアンスかもしれないが、私はいつも感じる。カスタムにはコレが無い。印象としてはその“ミョ~ン”のせいでスタンダードには地を這うようなニュアンスを感じ取る私である。
     ジジイがまた吹いてしまった。
     またね。

    楽曲絶賛発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    まさに身を乗り出して読み入っております!
    こんにちは。

    興味深い喩えだと思います。

    カスタムは、コキン、コキンと歯切れが良い感じがします。腕にまとわりつかない潔さ? ですかね。
    スタンダードは腕に付いてくるような、地にねばりつくようなしぶとさ? を感じます。なにか曖昧で訳がわからないような感想になってしまいました。
    ボデーの構造にも理由があるのでしょうか。メイプルトップのラミネートと、1枚板のマホガニーとの違いですとか。

     興味深きレスポールの話の続々編、これからもお聞かせください。

    甘い と やや固い かな?

    カスタムの「カキーン」は いい表現だと思います。デラックスやファイアバードもやや線が細いカキーンでした。スタンダードは、甘い「ウィ~ン~」って感じです。超スタンダード曲「ブラック マジック ウーマン」、ピーターグリーン バージョンも サンタナ バージョンも スタンダードでこそ 映えます。鮎川誠の曲は、カスタムじゃないと。

    Re: No title

    え~と、身を乗り出さないで下さい(笑)。
    ザックリ言ってしまうと、tarou様と私では大体印象が同じということでよろしいでしょうか?
    そういうことにしてしまいます(笑)。

    Re: 甘い と やや固い かな?

    「ウィ~ン~」ですか?
    これがきっと私の「ミョ~ン」に相当するのでしょうか?
    バカにされるのを覚悟した結果、意外と賛同者がありましたことを、素直に喜びたいと思います!

    で、結局のところ、打った後、ヒットだったの?、それとも凡フライ?
    あ、打つ人(弾く人)次第でしたね(笑)

    Re: タイトルなし

    う~ん、最近すっかり混ぜっ返しキャラになっているな(笑)。

    No title

    「カキーン」が気になり物欲が・・・(^^;)
    気がつくとネットで物色してました。(笑)

    Re: No title

    え~と、ご相談に乗りまっせ(笑)。

    ウチの子は「みょ〜ん」と「こーん」です。

    Re: タイトルなし

    mazza様、はじめまして。
    この記事を書いた当初、これほど反応があるとは思いもよらなかったです。
    そのうち世間でも、
    「あっ!?俺はみょ~んのサンバーストだから。」
    とか人々が言う日が来る……ワケがないですね。
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック