FC2ブログ

    中古って言うかセミ・オールドって言うか

     ギターのレッスンを承ります。お気軽にホームページよりお問い合わせ下さい。

     さて、このところレスポールの話が多かったが、それなりに盛り上がったかもしれない。
     “カキ~ン!”とか“コ~ン!”とか“ミョ~ン!”とか随分と抽象的だったワケだが、それ故にみなさん乗りやすかったのかもしれない(笑)。

     ってなワケで、私の生徒さんはレスポール・カスタムが欲しいらしい。
     ちょっと前から言ってはいたのだが、私がムダに“カキ~ン!”とか言うモノだから更にその物欲に火が点いたらしい。程よい中古を探している模様だ。私も何かアドバイスができたら幸いだと思っている。

     そういうこともあって、本日は無性に黒カスタムを弾きたくなったので、先ほど基礎練習をした。う~ん、やっぱり上手くなった気がしてしまうな。あんまりよろしくないかもしれない(笑)。

     ところで、私のレスポール・カスタムは'84年(黒)と'85年製(白)だ。
     生徒さんも言っていたが、この80年代のカスタムの中古ってのは少ない。
     ヘタすりゃ'70年代モノの方が多いよね。
     実はこれには理由がある。
     イヤ、'80年代のカスタムがスゲ~良くて、持っている人が誰も手放さない!ということではナイ。その頃、ギブソンのギターが日本にあまり入荷しなかったというだけのことで、単にタマ数が少ないのである。私の記憶では、'90年ぐらいからまたけっこう店頭に並ぶようになった感じかな。確かそうだったと思う。イヤ、ひょっとしたら間違っているかもしれないが……。

     黒カスタムと言えば、私が20代後半の頃、勤めていたコンビニに来ていたアイスクリーム配送の兄ちゃんを思い出す。彼は私と同じぐらいの歳で、いかにもバンドマン風のルックスだったので、話しかけたら彼もギタリストだった。で、彼は'68年の黒カスタムを持っていた。ただし、その当時('91年ぐらいかな?)は今のようにそれほどヴィンテージ扱いはされていなかった。どんなギターを持っているのか訊いた時、彼はこういう言い方をしたのを、今も覚えている。

    「イヤ、黒のレスポール・カスタムなんだけどね……、中古って言うかセミ・オールドって言うか……、'68年なんだよ。」

     決して自慢気ではなかった。ちなみに35万だったとも言っていた。これって当時の新品価格に毛が生えた程度である。イヤ、当時はそんなモンだったのよ。高くても40万ぐらいだった。新品にするか'68年にするかけっこう迷ったという。でも、その迷ったという話も、当時の私にとっては決して違和感のある話では無かった。っていうか、その当時には私も彼も、20年経ったら'68年のレスポールがここまで高騰するなんて思っていなかったよ。

     だから現在、ネットで楽器屋のサイトを見ていて'68年カスタムに200万とかいう値が付いていると、ちょっとビビってしまう私である。っていうか、あの時の彼の、
    「中古って言うかセミ・オールドって言うか」
    という控えめな言い方を思い出す。
     彼が今もその'68年カスタムを持っているとイイなぁ~と、思っている私である。
     またね。

    楽曲絶賛発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    クラプトンのブラッキーも、70年に100ドルで3本買って、あっちこっち組み合わせたものだったとか。

    それが、今は50年代のストラトというだけで400万とか500万とかいう値段です。ストラトが、です。

    ギターの値段的価値なんてほんとうにどう転ぶかわからないですね。
    だけども、思うのですが、50,60年代のギターはギブソンもフェンダーも上がることはあっても、下がり続けるということは無いと思います。

    だから僕は上を見ません。今あるギターを大事に愛していくことに価値を置きます。分相応ということもありますけど(笑)。

    No title

    こんばんは、
    実は私は68年生まれでして、余裕があれば68年のカスタムは欲しいでね!
    しかし、200万なんて絶対出せません・・・
    90年頃に戻りたい・・・(笑)

    私は、意表をついたバントヒット的な音色を奏でるレスポールがもう一本欲しくなってきた…
    ごめんなさい………(笑)

    意表をついたバントヒット的とは、青のカスタムでピックアップカバーを外すとEMGが出てくる奴です。エボ二-指板にはこだわらない事にしておきます。
    でも、お金無いな…(笑)

    Re: タイトルなし

    え~とですね、別にレスポールの記事の時、コメントは義務ではありません(笑)。
    イエイエ、ホントは盛り上げていただいて大変感謝しております。
    それと、コメント下さる方々のキャラのコントラストが最近はっきりして来ましたね(笑)。

    No title

    私が中学生の頃に初めて弾いた貰い物の安物レスポールは、ピックアップカバーを外すとシングルコイルが出てきて大爆笑でした!(笑)

    Re: No title

    そうそう!
    私の友人が通販で買ったフライングVもそれでした(笑)。
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック