FC2ブログ

    ES-Les paul

     本日もギターの話題だ。
     しかしながら、例によってほとんど戯れ言風味である。 
     いつものように楽器屋のサイトを徘徊していたら面白いモノを見つけた。もっとも、目ざとい方々なら既に見つけていることであろう。
     それはギブソンのES-Les paulというモデルである。リンクを張っておく。

     要するに“セミアコ”のレスポールだ。
     以前からセミアコのレスポールはカスタムショップの“フローレンタイン”というのがあった。fホールが付いているのである。

     ちなみに私、セミアコとはほとんど縁がナイ。
     本家ギブソンのES-335は知人が持っていた。見せてもらったことはあるが、多分弾かせてもらってはいないと思う。っていうか、記憶が曖昧なのだ。弾いたかもしれない。でも「これが335の音(感じ)なのね!」という実感がナイので、多分弾いていないんだろうな。

     ただし、本家でないセミアコならそこそこ弾いたことはある。
     近所に住む友人がYAMAHA SA-2000を持っていたのだ。当時のヤマハのセミアコ最高機種である。で、弾く度に「スゲエギターだな!」と思っていた。まあヤマハってのは良く出来てるんだよ。流行らないんだけどさ。

     よってこのES-レスポールの音に関しては皆目判らん。
     だから例によって(?)、見た目の話だけする。
     そのリンクページにも載っているが、ホワイトトップのはちょっとカッコイイかも!?とか思う。どうせだからfホールが目立って良いんじゃない?

     私的にこれはどうよ?と思うのが……、まあ当ブログの常連訪問者なら直ぐにピン!と来ると思うが、サンバーストでビグスビー付きのヤツだ。う~ん、これは私には楽器としては多分手に負えない。弾いてみたいかどうか?という以前に、私の理解を遙かに超えている感じである。

     しかしながら、考えようによっては非常にレアというかコアなモデルだよね。
     将来的には非常に希少価値になったりして。
     コレクターさんはこういうのは気になるのか?
     これはどうよ?とか言っておいて、逆説的になってしまうのだが、ここまでイっているのなら買う人の気持ちも判らないでもナイ(笑)。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2021/03 | 04
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック