FC2ブログ

    ビッグタイトルだと

     やっとご理解いただけたようだ。
     イヤ、まあこっちの話だが……。

     ってなワケで、ATPマスターズ・インディアンウェルズ大会決勝。
     ワンツー対決である。
     今大会はハードコートだが、いわゆる“スローハード”である。
     高速ハードならフェデラー、スローハードならジョコヴィッチに分があると思われる。

     だから今大会はジョコヴィッチ有利だというのが一般的意見だったろう。
     フェデラーの超攻撃的スタイルも、コートが遅いためにジョコヴィッチに凌がれてしまい、そのうちフェデラーが先にミスをするというパターンだ。
     ファーストセットは正にその通りになった。
     フェデラーは“宇宙開発”(フレームショットの大ホームラン)を頻発させた。
     最近あまり見なくなったのだが、ジョコヴィッチの有り得ない守備力がそれをさせていた。

     今回はジョコヴィッチの完勝か?とも思われたが、フェデラーもセカンドセット終盤から巻き返し、何度か“神ラリー”が見られた。この超高速ラリーはこの対戦でしか見られない。テニス・ファンへのプレゼントだと私は思っている。観たことない人にはぜひ一度観ていただきたい。そして、

    「アンタら、おかしいだろ!?」

    とツッコンでいただきたい。彼らの試合では必ず2,3回、多い時は何度でもそれが観られるのである。

     結局、フェデラーもファイナルセット第3ゲームでブレイクバックした時に集中力を使い果たしてしまった感じになってしまった。6-3、6-7、6-2でジョコヴィッチの勝利となった。このところ勝ったり負けたりを繰り返している二人であるが、ビッグタイトルだとジョコヴィッチが勝っているな。その辺がランキングにも表れている。

     そして次は、ATPマスターズ1000マイアミ大会へと続くのである。
     今年も昨年に続きジョコヴィッチのマスターズ連勝となるか?
     う~ん、なりそうな感じだ。とにかく、おめでとう!ジョコヴィッチ。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2021/01 | 02
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック