FC2ブログ

    最高の気分

     最近、ギターのピッキングについて考えているのだ。
     やっぱり、ギター上達の壁なのは右手のピッキングだと思うからだ。
     とはいえ、ギターは右手のピッキングと左手の押弦の、単純に考えると二つの要素がシンクロしてやっと一つの音が奏でられる。

     右手のピッキングが重要だとは言っても、左手が巧くシンクロしないことには良い音は奏でられない。だから左手の“ばたつき”を気にする人も多い。つまり左手は利き腕ではない方だから、最初は巧く動かせない。動かそう動かそうと考えるあまり、必要以上に大きなアクションになって、効率的に動かせなくなってしまうのだ。

     で、当ブログでは以前、「ばたつくのばたつき自体が問題ではなく、単に上手く弾けていないだけだ!」と書いた。
     それを言ってはおしまいか?
     でも考えて欲しいのは、左手がばたついている時、右手はキチンとピッキングできているのか?ってことだ。
     はっきり言ってしまえば、右手はほぼ完璧で左手がばたついてしまうから上手く弾けないなどという人はいないと思う。
     左手がばたついている時には、右手だっておぼつかない状態だろ?

     つまり最初に右手が大事だとか言っておいて何だが、右手と左手はセットなのである。
     どちらがどうとかいう話ではない。
     ただ、物事が巧くいかない時に、問題を一つ一つ切り分けていって解決できることもあるから、それをギターにも当てはめて考えているのだと思う。

     でも最近結論が出つつある。
     切り分けるのは無理かもね?
     そういうことでは無い気がする。

     結局ギターは楽器だから“良い音”を出すことを目的とせねばならない。
     良い音が出ない人は、多分“楽器”としての意識が足りないのだと思う。
     っていうか、弦をはじくという行為は、けっしてボタンを押すとかいう行為と同じではないのだ。
     “ボタンを押すように”弾いても音が出ちゃうんだけどさ。
     でも必ず良い状態で音が響く弾き方(はじき方)が在るワケで、それを探ることが大切なのだよ。

     ってなワケで、徐々に破綻していきそうなので、ほとんど逃げを打ってしまおう(笑)。
     マイケル・シェンカーのインタビューを紹介しようと思う。
     彼がまだギターを始めたばかりのことについて話したことで、この話は当時高校生だった私の胸に響いたのだ。

    「ギターを手に取りアンプに繋ぎ、そして弾くと、それはもう最高の気分だった!」

     これなんだと思った。つまり最高の気分になる音を出せばイイのだ!!と思った。
     それを探っていくのだ。みなさん頑張りましょう!きっとお手伝いが出来ると思うので、ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!
     またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    11 | 2020/12 | 01
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック