FC2ブログ

    ベイクド・メイプル

     またギターの指板材の話なんですがね……。
    ギブソンには最近ベイクド・メイプルってのもあるんですよ。何か美味そうな名前ですが(笑)。でまあ、名前の通りと言いますか、メイプルを熱処理したモノなんです。で、その熱処理をすることで水分が抜けて硬度が増して、尚かつ色も濃い茶色になるというわけで、従来のレスポールとルックスもそう変わらないということなんですね。

     実はこちらの材に関しては、某楽器店のウェブサイトでそれなりに説明してありました。そこがリッチライトとの決定的な違いなんですが。まあ、現在この材が使用されているモデルが「レスポール・クラシック・シリーズ」をはじめとした、いわゆる廉価版シリーズだから堂々と言えるのかな!?と勘ぐってしまいますが、加えて一応メイプルという“出自のはっきりしている”材を使っているということもあるかと思います。

     実はエボニーどころかローズウッドも不足しているので、通常ラインのスタンダードにも順次導入されるという噂もあります。まあ流石にカスタム・ショップの方はどうか判りませんが、とはいえリッチライトはカスタム・ショップですからね。そのうち全てこれになったりして……。

     ちなみにその某楽器店のウェブサイトには、
    「エボニーのようなサウンド、音の立ち上がりが早くロングサスティーンが得られる」
    と書いてあります。本当にその通りなら文句はないですが、「エボニーのような」ってとこが釣りのような気がしますな(笑)。アンタ、“エボニー”って言えばみんな反応すると思ってるでしょ!?まあ、そうなんですが……(笑)。

     安い割にはイイでしょ!?ってレベルかもしれませんがね。ただ、一応メイプルですから、どこぞの人工木材よりは拒否反応は少ないでしょうね。

     こういう話をしていると、
    「ギターなんて良い音が出るかどうかは、ほとんどがウデで決まるんだから、指板材なんてどうだってイイじゃん!!」
    とか言う人が必ずいるんですが、ちょっと腹立ちますよね!ウデで決まるのは事実ですが、それでもやっぱり少しでも良い音が出したいから悩んでるんだっつ~の!だってウデが同じならギターが良い方がイイに決まってるじゃん!

     ただ最後に一言、ベイクド・メイプルは濃い茶色になるからルックスは従来と変わらないっていうのは、ちょっと無理がある気がしますけどね。まあ、中にはかなり“健闘”している個体もありますが、私が写真で見たモノはほとんどがかなり「赤茶けた」感じに見えます。まあ、写真だからであって、現物はもっと濃い色かもしれませんが……。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック