FC2ブログ

    そう来たか!

     これは友人のそのまた友人の話である。
     私はその方を直接知っているワケではナイ。
     何の話かと言うと、ギターの話である。

     さて、その方の使っているギターは……、え~と、その方はある意味ギターの楽しさを最大限に堪能しているとでも言うべきか、色々なパーツを寄せ集めて創ったストラトタイプのギターを使っているらしい。
     しかしそれは決して“厳選された”パーツ類ではなくて、どちらかと言うと“ジャンク系”とでも言うべきパーツ類でもあるらしい。
     まあそれはそれで楽しみ方としてけっこうなことである。

     そしてそのギターには“フロイドローズ系”のアームが装着されているようだ。
     フロイドローズではなくて“フロイドローズ系”と書くからにはそれは本物ではなく、フロイドローズのコピータイプのアームなのである。

     で、それがあまりよろしくないらしい。
     創りがやはり甘いのか?どうにもチューニングが不安定とのことだ。

     さて、アナタならどうする?
     やっぱり本物のフロイドローズに換えるか!?ってな感じだと思う。

     しかしその方の解決策は違ったのだった。
     当ブログを読んでSITの弦に換えたのか?(笑)
     イヤ、いくらSITのチューニングが安定していても、アームの創りが甘いのであれば多分解決はしない。
     さすがにSITと言えども根本的なアームの欠陥まではカバーできまい!?

     正解は……、ストラト用の自動チューニングシステムを装着したのだった。
     う~む、そう来たか。
     ちなみに私の知人で自動チューニングシステムに対して“是”という立場を表明した者は私自身も含めて一人もいない。
     便利かもしれないが、何より格好悪いというのが大きいとも思う。
     とはいえ、ストラトでしかもフロイドローズ系のアームが付いていたりすれば、今更ネックの裏に何かが張り付いたところで見た目的な違和感はナイかもしれないが……。

     しかしながら、これは根本的な解決になっていない。
     まあ賢い方なら2秒で気づくだろう。

     ちなみにその自動チューニングシステムは3万円ほどしたそうだ。
     それを聞いた友人は、
    「3万出すなら本物のフロイドローズ買えばいいのに!」
    と内心思ったそうだが、その方が「スゲ~便利!」と会心の笑顔で話すので言い出せなかったそうだ。
     まあそりゃそうだな。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2020/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック