FC2ブログ

    AriaProⅡAGS-800L

     さて、次の“お試し弦”である。
     熱心な神のような読者様であれば、予告に気づいたかもしれない。
     そうだ!国産ブランド二つ目となるAriaProⅡAGS-800Lである。
     とは言っても中国製だけどね。
     この弦をチョイスした経緯は、相互リンクさせて頂いている、ねぎとろ様の呼びかけにお応えしたからだ。
     役に立てるかどうかは別として(笑)、そういうのは嬉しいモノなのである。
     今回のAriaProⅡAGS-800Lについては、ねぎとろ様も記事にされているので併せて参照して頂けると嬉しく思う。

     ってなワケで、この弦の最大の注目点はやはり価格であろう。
     私は検証用に1セット買ったのだが何と250円である。
     ちなみにお得な3セットパックもあって、それは600円台前半で買える。
     概ね米国製普及価格帯弦の半分だ。
     世間の評判は大体、「この価格ならOK!」という感じだ。つまりコストパフォーマンスはけっこう高いということだ。

     パッケージを開ける。ちなみに外袋のビニールは密閉タイプではなく、YAMAHAや昔のアーニーボールのようなタイプである。40代以上の方なら馴染み深いと思うが、以前はほとんどのブランドがこのタイプだったよね!?
     しかし中身は各弦が密閉ビニールの個別包装である。まあお世辞にもそのビニール袋の質が高いとは言えないが……。ただ、ムダに私のツボにハマったのがその袋の表面に描かれているイラストである。弦の番号が指で表してあるのである。
     つまり1弦なら人差し指1本が出されたイラストになっている。2弦は“ピース”になっているワケだ(笑)。で、私が次の瞬間スゲ~気になったのは、

    「6弦はどうなのだ?指足りねぇ~じゃん!?」

    である。私は変だろうか!?(変だな、きっと)
     ただ何のことない。両手が使われていた(笑)。“そりゃそうだよな!?”とムダに納得というか安堵した私だ。

     さて、ムダにパッケージの話で引っ張ってしまった。
     袋から出して例によって“オリャ~”とやる。
     う~む、どうだろう?ピ~ンとはならないな。やや巻き癖が残ってしまう。酷く捻れているとまでは言わないが。

     いつものように白カスタムに順に張っていく。弦の張り方は人それぞれだろうが私は古い弦を全部外してしまう派では無く、1本ずつ換える派である。つまりたとえば最初の1本である6弦を換えた状態ってのは、残りの5本は古い弦である。

     いつも同じ弦を使っていれば、古い弦と張り換えた弦の音の違いは明白である。
    「まだもうちょっといけるかなぁ~?もったいないかなぁ~?」とか思っていても、そこに新しい弦を張っていくと、古い弦がいかに痛んでいたかハッキリと判るモノだ。

     どうしてこんなことを書いたかというと……、う~む、AriaProⅡAGS-800Lを順次張り換えて行っても、約2週間使用したGibson Brite Wiresの方がキラキラした感じなのである。むしろGibsonの方が新しく感じるほどで、
    「アレっ!?俺、いつもと逆に1弦から換えてるんだっけ!?」
    とかそんな錯覚に陥るほどであった。

     張り終えてジャラ~ンとコードを鳴らす。
     もちろんいつものように生音のままな。
     う~む、この弦を愛用している方には申し訳ないが、「ねえな!」というのが正直なところである。もちろん、そもそも価格が全然違うのだから米国製のその他の弦より音が悪いと感じられても当然ではあるし、選択理由として“価格”はかなり重要な要素でもあるが……。

     生音で弾いていても、直前に張ったGibsonよりも音量、サスティーンが劣るのはハッキリ判るな。
     とはいえ、結局エレキ・ギターはアンプを通すワケだ。
     SITの時のように最初は「ねえな!」と思ったが、アンプを通したら「けっこうイイじゃん!!」となるかもしれない。ただ、生音の印象はけっこうそのままアンプを通しても変わらないんだよね。SITは唯一の例外とでも言うべき弦かもしれない。
     ってなワケで、当然アンプ・レポートもする。期待しないで待っててくれ。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック