FC2ブログ

    これでもきっとまだ先が在る

     何と言ったらいいのか……、まあ言葉も無い!ってのはこういうことかもしれない。
     私達は羽生結弦の素晴らしさを判っていたつもりで、全然判っていなかったかもしれない。
     歴代最高得点。
     演技が終わった時には確信したけどさ。
     ちなみに私は相方に「106点ぐらいじゃねぇ!?」と演技終了直後に言った。
     ムダにピタリだった。イヤ、別に偉くない。

     凄かったのは……、4回転ジャンプを2種類にしてジャンプ構成要素の難易度を上げたにも関わらず、それ以外の要素もそれに見合うかのようにレベルアップしたことか?
     スピンとステップも素晴らしかった。
     ステップはやや“入り過ぎ”にも見えて、やり過ぎて転ぶのではないか?とヒヤヒヤしてしまった。

     羽生結弦の凄いところは……、こんな演技を見せてくれてもまだこの先が在りそうなところか。
     まあ別次元なんだな。
     我々凡人には全く理解できない処にいるのだと思う。
     採点することなど意味が無いと思うことさえある。
     またね。

    楽曲発売中!! 
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2020/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック