FC2ブログ

    欲しくなるじゃん

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!
     北海道の友人がギターを買ったので、私も欲しくなったではないか(笑)。
     当ブログではこれまで、ムダに欲しいギターについて書いてきたが、今回もちょっと気になるギターが出てきたのでそれについて書く。まあ“欲しい”とは言っても“必要”というワケではナイので、きっとどうせ買いやしない(笑)。

     まあレスポールなんだけどね。
     毎度のことだがギブソンUSAのトラディショナルだったりする。
     2016年の日本限定モデルなんだけどね。
     サンバーストなんだけどプレーントップなのよ。
     うん、サンバーストでもプレーントップならイイかなとか思うのよ。
     ちなみにこちらなんかはとてもイイ感じに見える。
     最初に気づいたとき「現物見たい!」と思ったら心斎橋なのね(笑)。

     限定なのに通常のトラディショナルよりも価格が安いし、バックのマホガニーがワンピースなのね。もっとも、木材のグレードが通常のトラディショナルよりも低いのだろうとは思うのだが。だって重量が約4.7kgだから。マホガニーは良質なモノは軽いはず。
     そもそも良質なマホガニー自体が枯渇気味らしいから仕方ないのだろうけど。

     以前“欲しいかも!?”とか書いたオール・マホガニーのトラディショナルは全てウェブページから姿を消した。
     だから心置きなく現在はこれが“一番気になる存在”だとムダに宣言できるな。そんな感じである。
     またね。

    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    初期再生産スタンダードに似てる感じ

    ギブソン レスポール スタンダード再生産が 日本市場に出回り始めたのは、78年頃からでして、私も早速 買いました。この写真のような フラットトップで、木目と塗装も こんな感じでした。ペグは金属製、ラージヘッド、音は甘くなく 固くて、こんなの ジミーペイジでもポールコゾフでもないじゃんと不満でしたが、遂にサンバーストのギブソン レスポール スタンダードを手に入れたと言う満足感、優越感は 有りました。もう売っぱらって 有りません。80年代後半からは 質が良くなりましたね。私が愛用しているのは 89年の トラ目reissueです。塗装も音も満足してます。イケベ心斎橋のレスポール、音は大丈夫かと思いますけど、個人的には、木目と塗装が、B級に見えますね。

    Re: 初期再生産スタンダードに似てる感じ

    こんにちは。
    まあ材がB級なのは多分そうなんでしょうね。
    限定なのに値段も安いってのはそういうことだと思います。
    音が良ければもうけもの!って感じでしょうかね!?
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2021/01 | 02
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック