FC2ブログ

    マドリッドもベスト8

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!
     午前中にほぼ半年ぶりに髪を切ってきたのだが……、切りすぎた。
     やはりもっとマメにカットしてもらわないと、髪型ってのは巧く決まらないと思った。
     まあ良い。
     さて、ATPマスターズ・マドリッド大会も本日が準々決勝である。
     最近では錦織が出場している大会は普通にニュースで流れるので、興味を持つ人も増えたと思う。

     トップハーフのカードはジョコヴィッチ×ラオニッチ。
     ラオニッチはドルゴポロフ、ツォンガというタフな相手を倒しての進出である。
     基本クレーコートはイマイチな印象があるが、最近はサーブだけという感じでもナイ。
     感じでもナイが……、相手はジョコヴィッチである。
     結果は見えている気もするが(笑)、ラオニッチのように“規格外の何か”(つまりサーブ)を持っている選手の方が、何かと紛れの要素は在る。

     トップハーフのもう一つのカードは錦織×キリオス。
     キリオスは2回戦でワウリンカに勝ったのだ。
     もっともワウリンカってのは大会毎に“オン・オフ”が激しくてしばしば下位選手に白星を供給するのだが……。
     錦織は昨日も書いたように、天敵ガスケに初めて勝った。
     これを何かのきっかけにしたいところである。
     クレーコートで錦織が負けるとは思えないが……。

     そしてボトムハーフ、ナダル×ソウザ。
     まあナダル勝つだろ。
     もう一つはマレー×ベルディヒ。
     この二人の対戦成績は意外と競っていてマレーの7-6。直近はマレーの3連勝中。
     ただしこれまでのクレーコートでの対戦はベルディヒの3-0。
     マレーは昨年よりクレーを苦手としなくなったイメージで、昨年の本大会の優勝者でもある。
     果たしてベルディヒに対しクレーコートでの初勝利なるか!?
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック