FC2ブログ

    やっぱり燃え尽きる

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!!
     ジロ・デ・イタリアが終わった。
     もちろん私は今年も燃え尽きている(笑)。
     アクシデント絡みだったので単純に“面白かった”とは言い難いのだが、とにかく非常にドラマチックな最終盤であった。

     “奇跡の”逆転優勝をしたのはヴィンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ)。
     やはりこの男であった。
     クライスヴァイクの下りでの落車のおかげとは言え、第19、20ステージでの鬼神の走りは見事だった。
     私は開幕前からニーバリの優勝を予想していたが、こんな展開の末での勝利とは思いもよらなかったな。
     ニーバリはこれでグランツール4勝目だが、これまでの3度の優勝よりも喜んでいるようだった。
     まるでグランツールを初めて勝ったようにさえ見えたね。
     おめでとう、ニーバリ!!

     総合2位はエステバン・チャベス(オリカ・グリーンエッジ)。
     彼の笑顔はとてもキュートだ。
     辛く苦しいサイクルロードレースの選手とは思えないほどに……。
     きっと女性ファンの人気は急上昇であろう。
    「いつかツール・ド・フランスで優勝したい!」
     彼の願いは叶うかもしれない。

     総合3位はアレハンドロ・バルベルデ(モビスター)。
     初のジロ参戦でいきなり表彰台とは。
     この男はどんだけ凄いのよ!!
     グランツールの総合優勝こそブエルタの1回のみだが、表彰台に乗った回数は何回よ!?
     え~とだな、今ざっと数えてみたのだけれど、ロード世界選手権とグランツールを併せると12回表彰台に乗ってますな。(違ってるかもしれない)
     それ以外でもクラシックレースなどを含めると、信じられないほどのオールラウンドぶりですな。

     そして総4位……、あまりにも悔しいスティーヴン・クライスヴァイク(ロットNL・ユンボ)。
     今年のジロの山岳では彼が一番強かったと言われている。
     確かにその通りだったかもしれない。
     彼のジロ開幕前の目標は総合5位以内で、結果はグランツール自身最高位となる4位。
     目標は果たせたことになる。
     でもやっぱり悔しいだろう。
     ただ今回の失敗というかアクシデントは、今後の彼のキャリアにきっと活きてくるだろうと思われる。
     今後も“怒り肩”クライスヴァイクを応援していきたい。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック