FC2ブログ

    ハマリ役

     ちょっと不思議な感じでもあった。
     全豪オープン準決勝、ワウリンカ×フェデラー戦。
     2セット先取したものの、フェデラーの調子はそれほどでもなかったと思う。
     ワウリンカも試合への入り方がちょっと緩かったかもしれない。
     第3、第4セットはワウリンカが開き直り、フェデラーは2セット先取したことからやや弛んだ感じになり、ワウリンカが追いついた。

     勝負はファイナルセットへ。
     例によってワケの判らないオッサン(笑)の私見だが、何と言うかこの試合は、
    「第5セットのワンセット・マッチ」
    みたいなモノだったかな!?
     ファイナルセットは見応えがあり、言ってみれば“ディテールの差”でフェデラーが勝利した感じである。
     第4セットまでは双方ともディテールが甘かったと思う。
     スポーツだからディテールが甘くともどちらかが獲るという結果は出るが、何ともフワフワした感じのままにセットカウント2-2になってしまった気がする。

     ところで、歳を取ってからより感じるようになったのだが、何事もディテールが大切だね。
     スポーツも芸術も仕事も何でもそういう気がする。
     ネイサン・チェンの「海賊」が笑ってしまうほど素晴らしいのは、何も4回転ルッツを完璧に決めるからではナイ。
     バレエの「海賊」のポーズを完璧に決めるディテールに私は心を奪われるのである。

     う~む、話が逸れた。
     全豪の話に戻るが、これでフェデラーが決勝に進出した。
     フェデラーだから何となく、「やっぱりフェデラーは凄いね!」程度で話が終わりそうだが(笑)、今年36歳で約半年間公式戦に出ていなかったのよ!
     冷静に考えるとほとんど奇跡に近いのである。

     さて、本日はボトムハーフの準決勝である。
     ナダル×ディミトロフ戦。
     つまり、もしナダルが勝てば決勝はフェデラー×ナダルになるのである。
     今年はホントに2017年か!?という気もするな。
     仮に全豪開幕前に、
    「決勝はフェデラー×ナダル!!」
    とか予想したらみんなに笑われたことであろう。
     しかしそれがあと一歩で現実になってしまう。
     放映を予定している全世界のテレビ局はホクホクかもしれない。
     きっとスポット広告がたくさん獲れるゾ!!(笑)

     ってな感じで、フェデラー×ナダルというカードを全世界が期待している中、ディミトロフの心中如何に!?
    「俺って空気読めない奴なのよ!!」
    とばかりにノープレッシャーで頑張りそうな気もする。
     まあプロスポーツだからそれでイイのである。
     気くばりなんぞ必要はナイ。
     っていうか、ディミトロフって今日勝つにせよ負けるにせよ、最高のハマリ役な気がする。
     またね。


    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    11 | 2020/12 | 01
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック