ディテール

     昨日そして本日と、新曲のドラムパートを創っていた。
     相変わらずドラムの打ち込みは得意ではないが、最近は作業自体を楽しめるようになってきたので、以前ほどアタマが痛くなるようなことはナイ。
     とはいえ、それも全体のパートを打ち込むまでの話。

     ハイハット、キック、スネアなど各パートを打ち込んだからと言って、それで終わりではナイ。
     その後、それぞれのデータをエディットしなければならない。
     それぞれの音に魂を与えるために、強弱などをつけるってワケ。
     つまりこれって「数値入力」なのよ。
     これをやっているといつも、
    「俺は果たして音楽を創っているのだろうか!?」
    とか思ったりする。
     私の中の悪魔が、
    「そんな裏で小さく鳴ってるハイハットの音なんて誰も気にしてねえよ!」
    とか囁きかけてくる(笑)。

     イヤ、実際のところそうなのかもしれない。
     きっと私がいくらハイハットの微妙な強弱に配慮したところで、
    「このハイハットの微妙な強弱がブラボーだね!」
    と誰かが言ってくれる可能性なんて、億に一つもナイ。

     でもね…、何でもそうだけど、最終的にクオリティを決めるのはディテールだと思う。
     イヤ、誰も気づかない部分のディテールが大事だという意味ではナイ。
     どうでもイイようなところでも気を配れるぐらいであれば、最も大事なところに気を配らないワケがない。そういうもんでしょ!?

     つまり、どうでもイイところに気を配ることで、より大事なところにおけるクオリティも上がるような気がするのよ。
     もちろん、やり過ぎは時間のムダだし、実際問題として、切り捨てるべき部分ってのが在るのも事実だろう。
     でもまあ、余裕がある限り”どうでもイイ部分”のディテールにも拘っていきたいと思う。
     またね。


    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームページ、リニューアルオープン!






    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック