FC2ブログ

    技術のようだがやっぱり感性だな

     ヴィブラートは難しい。
     そう思っている人は多いかもしれない。
     果たして誰にでも参考になるかは判らないが、私なりのヴィブラートのコツというかやり方を書いてみる。
     あくまで私個人の意見だよ。

     ヴィブラートをかける時の左手なんだけど、その力はヴィブラートをかける指の一点に集中する。
     こういう風に言うととても力が要りそうに聞こえるが、左手の力をまさにそこ一点に集中するという話であって、いつもより力を使うワケではない。
     たとえば3本の指で普通にコードを軽く押さえる時、力は程よく3本の指に分散されている。
     それと同程度の力でイイ。それを1本の指に集中するだけ。

     使っていない指は力を抜く。
     さらに左手がネックを”握っている”状態ではイケナイ。
     ネックを握ってしまうとヴィブラートをかける指の可動域が狭くなってしまうし、自由に動かせる状態ではなくなってしまう。
     極端に言うと、ヴィブラートをかけている指以外はネックに触れていない!というイメージに近い。
     っていうか、他の指は一切ネックに触れないで、ヴィブラートをかける指だけで弦を押さえて音を出してみるとイイかも。
     そうすればヴィブラートをかける指の一点にだけ力を集中するコツが判るかもしれない。
     ちなみに上手いこと一点を集中させることができると、実はほとんど力は要らないことが判ると思う。
     要は”効率”なのである。

     ところで、技術的な解説(?)をしておいてなんだが、ヴィブラートは技術ではナイというのが私の持論でもある。
     以前も当ブログで書いたね。
     ヴィブラートは技術ではなくて感性なのである。
     まあ、本気にする人は少ないか?(笑)

     何と言うかね……、きっと上手く伝わらないと思うのだが、技術としてヴィブラートを使うことで良い演奏にするのではナイのよ。
     良い演奏にしようとしたら、結果としてヴィブラートが自然にかかっていた!
     そんな感じだと思う。
     ヴィブラートは技術的に狙ってやるものじゃない!って感じかな!?
     相変わらずオッサン、ワケ判らんことを!と思って笑い飛ばしたりイラついたりするのか?
     それとも一度じっくり考えてみるのか!?
     それはアナタ次第。
     またね。


    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    11 | 2020/12 | 01
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック