FC2ブログ

    ギブソン・レスポール・デラックス

     多くの人達にとって、「レスポール」と言えば “スタンダード” か “カスタム” のことを指すと思いますし、そのことについて異論はありません。ところで、“デラックス” ってモデルもあるんですが、現在は生産も中止されていますので、若い人とかだと知らない人もいるかもしれませんね。

     以前、私がず~っと狙っていて “売れちまった!!” という当ブログの記事で言及したのが、その “デラックス” というモデルです。基本スペックはスタンダードのようなモノなんですが、ピックアップだけが通常のハムバッカーではなく、“ミニ・ハムバッカー” というひと回り小さい、なんとも可愛らしいピックアップが搭載されているのです。え~と、興味がある方は「レスポール・デラックス」で検索していただければ、その姿を確認できると思います。

     ギブソン社はこのモデルを'69年~'80年頃まで生産していまして、いろいろと書籍などで調べたところ、かなりの本数が生産されています。正直言って決して“失敗作”というワケではなかったのです。しかしその割には、このギターを使用していたアーティストって、The Whoのピート・タウンゼントとThin Lizzyのスコット・ゴーハムぐらいしか思い当たりません。どうしてなの!?

     で、再び調べたところ、まず売れていた理由なんですが、このデラックスが生産されていた時期には “スタンダード” が生産されていませんでした。つまり、70年代に入って、「ギブソン・レスポールってのはロック・ギターとしてはイカしたギターだぜっ!!」と世の中に浸透してきた時には、新品のレスポールを買うとすると、カスタムかデラックスしか選択肢がなかったのです。ところで、カスタムを使っているアーティストってのは数え切れないほどいます。デラックスも売れていたのだから、同じようになっていても良いはずです。

     そして更に調べましたところ、確かに多くのアーティストがデラックスを手にしたのだけど、その “ミニ・ハムバッカー” がトレブリー過ぎて(要するに高音がキンキンし過ぎて扱いづらい)、普通のフルサイズのハムバッカーに載せ替えていたアーティストも多かったらしいのです。つまり、ホントは “デラックス” なんだけど見た目は “スタンダード” になっているギターが多いので、写真を見ただけでは気づいてないんだよ~ってことだったのね。イヤァ~、これはさすがに全然気づきませんでしたね。でも何となく納得です。

     この事実からも判るように、ミニ・ハムバッカーはみんなから嫌われちゃったのね!ってことなんですが、私が何故? このデラックスというモデルが欲しかったかというと、そのミニ・ハムバッカーの見た目が凄くクールだと思ったからです。ほらね!?私は欲しいギターってのは見た目から入るんですよ(笑)。音が扱いづらいとか全然気にしてませんし、きっとどうにかなるだろっ!?使い道なんていくらでもあるだろっ!?って感じです。あの見た目はそんなことを完全に超越しています。それどころか、私は以前からレスポールのサンバーストの見た目が好きではないと何度か書いていますが、デラックスのあのミニ・ハムバッカーだったら、サンバーストでもいいや!!(笑)ってくらい、ミニ・ハムバッカーってカッコイイと思ってます。カスタムショップでもギブソンUSAでもどっちでもイイから、レスポール・デラックスを再生産してくれないかな!?と思っているんですが……、できれば限定ではなくね……、じゃないとホラ、、また買い損ねちゃいますから。イヤ、着うたをみんなが買ってくれれば、そんなことにはならないんですが(笑)。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    再愛用中

    私が一番最初に買ったレスポールが、ゴールドのレスポール デラックスでした。シリアル No.688772 ピックアップの外枠の周囲に 更に枠が有る 初期型です。70年初頭は、書かれてる様に スタンダード再生産はまだ、カスタムも品薄、デラックスしか有りませんでした。色もチェリーサンバーストがほとんどで、このゴールドを見つけた時は 嬉しかったですね。グヤトーンのフェンダーコピーアンプにつないで弾いてました。しかし、後にスタンダードやカスタムが手に入ったら 全然違う音じゃん…と使わなくなりました。5年位前に ケース開けたら ペグ折れてるは、ジャックのガリひどいし、メンテナンスに出しました。その内、こいつは、我が青春の愛機だったんだよなあ と愛着が沸いて来て、4月に マーシャル横のポールポジションに復帰しました。異色レスポールですけど、これはこれで いいと思います。

    Re: 再愛用中

    “デラックス”という名前に「どこがやねん?」という意見もあります(笑)。
    でも私はミニハムバッカーがとてもカッコイイので、別にイイじゃん!?と考えております。
    いつの日か手に入れてやるぞ!と思っているのですけどね。

    レスポールデラックス復活!!

    初めまして。
    レスポールデラックス、いいですよね~。スタンダードのようなパワー感が足りない分、テレキャスターのようなクリアさがあって逆に使いやすそうだと僕も興味を抱いております。
    さて、今年に入ってギブソンUSAのフルモデルチェンジが行われ、晴れてレスポールデラックスがレギュラーラインに復活しましたね!
    といっても、従来のデラックスとはスペックが全く異なります。
    ・ロボットチューナー(Min-ETune)搭載
    ・ミニハムは出力高めで、コイルタップ可能
    ・アクティブブースター搭載
    ・ボディー内部にザグリを入れ軽量化
    と、現代的なスペックが取り入れられている分、やはり賛否両論のようです…。(昔より安くはなっているようですが…)
    僕も少々複雑な気持ちなのですが、喜んでいいのかよくわからないこの復活劇、どう見ていますか?

    Re: レスポールデラックス復活!!

    はじめまして。コメントありがとうございます。
    件のギターに関しましては“デラックスもある”(http://coolfinger2011.blog.fc2.com/blog-entry-1380.html)という記事を書いております。お時間のある時にでも参照いただけると幸いです。
    私的にはノブが3つしかないのがルックス的に非常に残念です。
    ペルハムブルー・メタリック・トップにナチュラル・バックというイカしたカラーも在るんですが……。
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2021/01 | 02
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック