さらわれても、それはそれ

     さて、どうでもイイ話を書く。
     適当にスルーしてね。(するよ!)
     まあYAMAHA REVSTARシリーズが半額になっていることについての戯れ言だ。

     このシリーズが発売されてから、1年以上が経過した。
     私的にはけっこう心に響くモデルなのだが……、とはいえ、そんな私でもヒットするとは思わなかったし、実際そのようね(笑)。
     ヤマハってのはそもそも創りや音は悪くないんだが、売れるデザインやコンセプトを創るのは苦手だと思う。
     このREVSTARシリーズにしても、メーカー・サイトでそのシリーズ・コンセプトを読んでも、何の事やらサッパリ判らないな(笑)。
     少なくとも、ギター初心者には全然ピンと来ないだろうし、ある程度ギターを知っている人でも、この文章がこのギターへの興味の助けにはなってないだろ!?

     でも、まあ私はこのデザインは好き。
     メチャクチャ良いとまでは思わないが、オリジナル・デザインのエレキ・ギターの中ではマシな方だと思う。
     ただ北海道の友人は格好悪い!と言っていたし、鬼ディレクターも変なギター!と言ってますな。

     で、以前も書いたのだけどこのREVSTARシリーズの中のRS502Tというモデルが、私の一番のお気に入り。
     別に弾いたら凄く良かったとかそういうことではナイ。
     単にボディ・カラー、P-90タイプピックアップ、ブランコテールピースがとてもクールだと思うだけ。
     ギターは見た目も大事だ!

     で、とある楽器店のウェブ・サイトでこのREVSTARシリーズの計8本が定価の半額という大激売になっている!
     う~ん、売れないのね(笑)。
     しかし残念ながら私のお気に入りのRS502Tはこの中に含まれていない。
     同グレードでブリッジがラップアラウンド・タイプのRS502なら在るんだけどね。
     イヤ、もしRS502Tが半額だったら、迷わずソッコー、電話なりメールなりしてとりあえずキープしたと思う。
     もちろん、弾いてみたら全然期待外れという展開も考えられるから、絶対に買う!とは言い切れないのだが……。

     さて、かなり悩んではいる。
     実は最上位機種のRSP20CR(定価22万円)や、2番目のグレードのRS820CR(定価14万円)も半額でさ、ちょっと惹かれるよね。
     ただ、この二つのモデルはピックアップが2ハムバッキングであり、音のバリエーションという意味では私にとってあまり必要性は感じない。

     じゃあRS502はどうよ!?
     私の一番欲しいモデルではナイが、P-90タイプピックアップとラップアラウンド・ブリッジというのは、自分にとって未知の世界でもある。
     ラインアップに加える理由はソコソコに在る。
     しかも税込みで5万4千円なのよ。
     私が買うべきではナイか!?(笑)

     とか色々ムダに考える二日間。
     他人にとっては全然興味ないだろうが、買うべき理由と買うべきではナイ理由を挙げてみよう。

    *買うべき理由
    1.とにかく安い(笑)。
    2.ピックアップ、ブリッジともに私が持っていないタイプであり、サウンド・バリエーションが増える。
    3.今を逃すと未来永劫このシリーズを買うことができなくなる可能性もある。
     だって、言いたくはナイが、近い将来、生産中止になるのも充分有り得るだろ!?

    *買うべきではナイ理由
    1.いくら安いとはいえ、そもそも一番欲しいモデルではナイ。
    2.買うと手持ちのエレキ・ギターは6本になる。
     以前当ブログで書いたのだが、現在の5本というのは、それぞれのコンディションを良い状態に保つためには、個人的にはほとんど上限だと感じている。
     そして現在の5本いずれも手放す気はナイ。
     6本になったらてんてこ舞いじゃねぇ!?

     ってな感じだ。
     勝手にせいよ!という話である。

     案外、ここで話題にしたから誰かが飛びついたりして(笑)。
     イヤ、そこまで当ブログに影響力はねえな!
     でも億が一、このバカ記事に触発されて誰かがさらっていったとしても、それはそれ。 
     むしろ祝福しますわ。
     そんな奇特な人はいないかな!?
     まあしばらくはモヤモヤしようと思う。
     またね。


    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームページ、リニューアルオープン!






    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック