FC2ブログ

    全部

     ってなワケで、昨日はギターの基礎練習をすっ飛ばして新曲の歌録りをやっていたワケ。
     つまり、そのぐらいムダに気合が入っていたということ。
     いつものことだが、歌モノに関してはメロディ・ラインで困ることはそんなにナイ。
     そのラインをキチンと歌えるのか!?という問題は残るが……(笑)。
     苦しむのはいつも歌詞である。
     歌詞ってのは、美しい言葉や素晴らしい文章を書けばイイものではナイ。
     作文や論文とは違うのである。
     むしろ”そりゃ作文としては赤点だろ!?”という言葉(文章)であっても、歌としてメロディに乗せると人の心を打つ場合も多々ある。

     歌録りと言っても、実は歌詞が出来ていなかった。
     だから一体どれほど時間がかかるのか予想できなかった。
     予想ができなかったから、ギターを弾く時間もそちらに割いたのである。

     で、その甲斐あってか、けっこう閃いてね。
     サビをはじめとする主要な部分は録り終えることができた。
     完成はしていないが、もう友人の鬼ディレクターに聴かせる頃合である。

     ってなワケで、そこそこ上機嫌な私は鬼ディレクターに聴かせたのよ。
     果たしてその感想は。
     
    「歌メロを含む楽曲や演奏、アレンジには全く文句はナイ!しかしだな、俺としてはこの歌詞、まあメロディには巧いこと乗っているとは思うのだが、内容がね。うん、この曲でこういうネガティブな内容の歌詞を歌って欲しくないよ。」

     その内容なんだが、けっこう自虐的っていうか、救いが無いワケではないけど確かにネガティブではある。
     彼の言うことも一理ある。

    「あのさ、もっと違うテーマを書いた方が良いと思う。楽曲が可哀想な気がする。」

     フムフム…、それって、

    ”全部最初から創り直しってことか?(笑)”

     できた歌詞の全否定ってのは、そんなにあることではないが、え~と、そうだな、これまでに2、3回はあったな。
     ここで、

    「っざけんな!!俺はこれで行くんだよ!!」
    と言う権利も私には多少在るんですがね。
     ただ歌詞に関しては一度もその権利を行使したことはナイ。
     だから、うん、今回もその権利は行使しません。
     泣きながらやり直しますな(笑)。
     テーマも変えますわ。
     アホなオッサンが聞く耳を持たなかったら、どこぞの誰かさんと同じになっちまう。

     ってなワケで、アタマをまっさらな状態にして考えることにする。
     ちょっと惜しいフレーズも在ったのだが、そういうことを言い出したらキリがない。
     またね。


    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック