そりゃそうかも

     新曲の歌詞なんだけどね……、3度目のチャレンジも関所は通過できませんでしたわ。
     とはいえ、全体のコンセプトは認めてもらえたと言うか、決めることができたと言うか、そんな感じでとりあえずの前進はあった。
     まあ何とかなるでしょ!?

     というムダな報告はイイとして……。
     これまたムダにギブソンUSA 2018年モデルについて書く。
     先日、私のツボはP-90ピックアップ搭載モデルのクラシックだと書いたが、珍しく世間の意見も一致しているかも?(ねえか?)
     うん、主軸となるはずのスタンダードとトラディショナルよりも、こちらのクラシックの方が売れているようだ。
     イヤ、もっとも私の贔屓の楽器店に限った話かもしれないが。
     
     そもそもスタンダードとトラディショナルは1割以上価格がアップしたということもある。
     しかも従来品である'16年、'17年モデルはアウトレット価格になったりしているモノもあるので、場合によっては8万円ぐらい違ったりする。
     大きな仕様の変更点は無いのだから、これは考えてしまいますな。
     わざわざ'18年モデルを選ぶ決定的なメリットは在りませんな。

     それに対してクラシックは比較対象モデルが無いからね。
     強引に考えれば、ヒスコレの'56年モデルとかになるかもしれないが、大筋の仕様が同じってだけで、価格が倍以上違うから購入候補としているユーザー層がそもそも違うな。

     加えてカラーバリエーションが気が利いているとも思う。
     王道のゴールドトップ、これは外せまい!
     そしてけっこう隠れファンがいると勝手に私が思っているペルハムブルー。
     更に、“やってみたらエライカッコイイじゃん!これまでどうして無かったのよ!?”と思わず言いたくなるエボニー。

     何だかんだで一番売れるのはゴールドトップだと思うけど(笑)。
     そのうちぶらりと試奏に行くかもしれない。
     またね。


    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    この前、かの御大が、「ギターは終わった」とかいう売り上げ半減するようなショッキングなことを言われたのは、有名ですが、
    もはやギターに、50万も使うご時世でないなあと思うのですね、なにか世相がそういう有無を言わせぬ感じになってるのが実感できます。

    中古楽器屋に行けば、フルミント状態でタグあり、保護カバーのまんま、付属グッズ完備、認定書完備・・・、今日買ってきたのかと思うようなもんが出てたりします。
    せっかく買ったのに、もう売却する人がいるのかと思うほどです。

    今、中古ギターって、状態がすごくきれいなものばっかで驚きます。70年代頃の中古というと、散々使い込んだ傷だらけ、改造当たり前のボロギターという印象だったですがねえ・・・。

    これからは、安くて良い中古の時代になってしまうと思いますね。
    新品も良いですが、売れないという状況が続きそうです。

    Re: No title

    招き猫様、こんにちは。
    ミント状態で売るなんて。
    弾くために買ったのではないのですかね!?
    そもそもVOS仕上げが存在するというのも、私的には理解不能です。
    傷なんて自分で弾いて付けるものです(笑)。
    VOS仕上げの存在や、ミント状態の中古品が出回るということは、
    ギターを弾くために買っているワケではないことの証明になっているかもしれません。
    これでは今後、マトモな市場を維持していくのは難しいでしょう。
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2018/05 | 06
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック