FC2ブログ

    HP

    pickorfinger.jpg
    『PICK OR FINGER』
    4曲入りミニアルバム、ニューリリース!
    こちらから旧作を含めフル試聴、購入ができます。
    よろしくお願いします。

     別に物欲はそそらないんだけどね、一応気になるモデルってことで。
     イヤ、ヘッドフォンやDAPじゃなくてギターですがな。
     こちらのモデル、Gibson Les Paul Standard Quilt HP 2018 Proto Type。
     HPってのはハイパフォーマンスとのこと。
     まあ簡単に言えば、ギブソン・レスポールをより現代的にアレンジしました!ってところか。

     いかがでしょう!?
     もっとも、私もそうなんだけどレスポール好きってのは大体保守的なんですな。
     だから、所謂レスポール・ファンにとっては”何じゃこれ?”と感じる方も多そう。
     ただ、思うにこういうモデルって、多分レスポール・ファンに売ろうとしてはいないのだろう。
     むしろ非レスポール派に向けて、
    「こちらのレスポールは軽いし、音創りも多様で使い勝手がイイですぜ。レスポールを毛嫌いしているそこのアナタ!こんなんどうでしょう!?」
     という感じだと勝手に私は思っている。

     で、パッと見で目に付くのは……。
     トグルスイッチプレート無し、ピックガード無し、エスカッション無し、更には悪名高い(?)ネックヒールもカットされてますな。ノブも通常のモデルとは違いますな。
     これはDIP switchとなっていて、詳しくは知らんが色んな音創りができるのだと思われる。

     ちなみに私が最も気に入らないところは、ネックヒールのカットである。
     えっ!?そこなの?と不思議に思う方にムダに説明するが、レスポールは分厚いネックヒールのせいでハイポジションが弾きづらい。(と一般的に言われている)
     まあ確かにその通り。
     しかしだな、私はこの弾きづらい分厚いネックヒールのせいでむしろ気合が入る。
     まあただの変態だと思ってもらってかまわないが、弾きづらいからこそ一層、
    「オリャー!!」と気合が入るのである。
     これがレスポールの醍醐味なのよ。(そうなのか?)
     何かレスポールのヒールがカットされているのって、非常に腰抜けな感じである。
     自分でもバカなことを書いているなという自覚はあるが、同時に私同様に感じる人も少数ながらいるであろうとも思っている。
     ほら、そこのアナタ!実はそうでしょ?(笑)

     ところで、実は気に入ったところが一つ在る。
     ナットがアジャスタブルタイプで、高さの調整ができるのね。
     ナットなんて頻繁に高さを変えるものではナイが、非常に気が利いていると思う。

     ウエイトリリーフ加工のボディについては何も言わない。
     だってこのタイプのボディは弾いたことが無いから。
     実はこれはこれでイイ感じという場合もありそうなので、コメントしない。

     とにかく、このギターはきっと非レスポール派向けなんだよ。
     またね。


    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック