違和感が消えた

     名人挑戦決定プレーオフ4回戦、豊島八段の進撃は羽生竜王に止められた。
     これでプレーオフ最終戦、羽生竜王×稲葉八段の勝者が佐藤天彦名人に挑戦する。
     まあしかし、王将戦七番勝負も同時進行だった豊島八段にはご苦労様と言いたい。
     彼は現在”無冠の帝王”であるが、この経験はきっと今後に生きると思う。
     ちなみに某掲示板で豊島八段のことを”永世森下”と書かれていて爆笑してしまった。
     イヤ、将棋にある程度詳しくないと、判らない話だけどね。

     ってなワケで、本題。
     ATPマスターズ1000インディアンウェルズ大会決勝。
     フェデラー×デル・ポトロという胸躍るカードだった。
     しかし、う~ん……、このカードにしては最高ではなかったかな。
     二人ともイライラする場面が多々あった。
     フェデラーは”何で?”と思うようなフォアハンドのエラーを連発。
     挙句に自分のサービスで二つあったチャンピオンシップポイントを逃す有様。
     ややグダグダ感が在った試合であった。
     最終的にはファイナルセットのタイブレークをデル・ポトロがモノにして、遂にマスターズの初タイトルを奪取した。
     まあ内容的にはデル・ポトロが勝ったのは妥当だとは思う。

     ってなワケで、内容的にはイマイチだったけど、一人のテニスファンとしては安堵したことがある。
     うん、デル・ポトロがマスターズを獲れたこと。
     グランドスラムタイトルが在るのに、マスターズが無いってのはどうにも違和感が残る。
     デル・ポトロはビッグ4の全盛期にほとんど唯一の対抗馬とも言える選手だったのだから、マスターズタイトルの一つも無いとどうしても落ち着かなかった。
     だって、ジャック・ソックやディミトロフもマスターズ保持者になったのよ。
     デル・ポトロが持ってないのは納得行かんだろ!?
     
     おめでとう、デル・ポトロ!!
     ランキングも”本来の”位置に戻りつつある。
     さて、次はマイアミ。
     相変わらず欠場者は多いが熱戦を期待したい。
     またね。


    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームページ、リニューアルオープン!






    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2018/04 | 05
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック