高騰

     何度か当ブログで話題にしているJVC HA-SZ1000というヘッドフォン。
     ムダに個性的な音を鳴らす面白いヘッドフォンである。
     私は約2年前に約1万円で購入した。
     その当時は生産完了の気配がプンプンで、明らかに在庫処分的な価格だった。
     何と言っても発売当初は2万5千円だったからである。
     そしてほどなくして、メーカーから生産完了のアナウンス。
     すると最安価格が1万6千円ほどになった。
     需要と供給の関係が変わり、以前よりもやや需要優位となったワケだ。

     そして今年に入り、供給はストップしているので更に価格が上がる。
     ひと月前ぐらいには最安価格が2万円ぐらいになっていた。
     そして最近、何気に動向を見てみたら更に上がってるじゃん!
     最安は2万5千円程度で、3万越えの販売サイトも多々あるな。
     何者よ!?このヘッドフォン。

     まあ確かに”唯一無二”という気はする。
     レビューで散見されるのが”面白い”という表現。
     ソースにより向き不向きが出る。
     不向きなソースだとそれこそ5千円程度のヘッドフォンにも負ける(笑)。
     何じゃこりゃ!?ヘッドフォン壊れたか!?とか誇張でなくホントに思う時さえある。
     しかし得意なソースだと独壇場なのよ。

     だから「この音源はどうだろう?」と聴いてみる楽しみ、というか探っていく面白みが在る。
     普通のヘッドフォンでは味わえない楽しみ方である。
     とはいえ、こんな楽しみ方はかなりマニア寄りと言える。
     価格の高騰も購入候補者がマニアである故ですな。
     そもそも2万5千円出せばほとんど最高に近い音が鳴らせるヘッドフォンは結構ある。
     単純に”良い音が聴きたい!”という人はそちらを選べば良い。
     
     まあしかしオーディオはよく判らんな。
     ちなみに私がこのヘッドフォンを2万5千円で買っていたら……。
     きっと怒り狂ったと思うぞ(笑)。
     またね。

    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2018/05 | 06
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック