FC2ブログ

    ウィンブルドンだけは

     ウィンブルドン決勝。
     アンダーソン×ジョコヴィッチ戦は6-2、6-2、7-6のストレートでジョコヴィッチが勝利し、ウィンブルドン4回目、グランドスラムでは13回目となる優勝を果たした。
     ちなみにウィンブルドンはフェデラーが最初に優勝した2003年以降、16年連続でビッグ4のみが優勝している。(フェデラー8回、ジョコヴィッチ4回、ナダル、マレー各2回)
     ウィンブルドンだけはビッグ4以外の選手の優勝はナイのである。
     やはりウィンブルドンだけは別格なのかな!?

     それにしてもジョコヴィッチの復活は個人的に嬉しい。
     2011~2015年頃は強すぎてツマラン!とか思った時もあったけど、やはりレベルの高い選手が一人でも多いほうが、テニス界全体は盛り上がると思う。
     当ブログでは何度もテニス界は世代交代しなくて大丈夫か!?とか書いたが、イヤね……、準決勝のナダル×ジョコヴィッチ戦を観たら、ビッグ4同士の試合の凄まじさを見せつけられましてね……、世代交代なんてどうでもイイかな(笑)と思ってね。
     うん、世代交代なんぞ無くてもイイです。
     少しでも長い間ビッグ4が観たいかな。
     ジョコヴィッチが復活したってことは、またハードコートでの最高の試合、フェデラー×ジョコヴィッチ戦が観られるワケだ。
     このカードが再び観られるだけでも、テニス・ファンの甲斐があるってものよ!

     敗れたアンダーソン。
     昨年の全米決勝に続き、またしてもグランドスラム優勝はならなかった。
     ただ、アンダーソンは間違いなく今大会の主役の一人であった。
     ランキングもキャリアハイを更新し、今後のハードコートシーズンも期待できそう。
     とにかく、おめでとう!ジョコヴィッチ!!
     またね。


    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2018/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック