FC2ブログ

    17連勝

    goingon.jpg
    3曲入りミニアルバム『Going on』ニューリリース!!
    iTunesストア、レコチョクなどでも配信開始です!

     順位戦C級1組7回戦、藤井聡太七段が門倉啓太五段を破り7連勝。順位戦はこれでデビュー以来無傷の17連勝である。
     門倉五段は終盤の入り口まで優勢だったのだが、結局、藤井七段持ち前の終盤力で逆転されてしまった。
     しかし、藤井七段は相変わらず勝ち星を重ねているのだが、このところ序中盤で不利になること多し。
     対戦相手が同格以下であれば、最終的には逆転するのだけど、格上相手だとそうはいかないという感じになっている。
     まあまだまだ経験値が足りないということなのか?
    もっとも順位戦となれば、事実上の格上棋士というのはいないから、残り3局を全勝すれば昇級である。

     ところで、残り3局の相手には同じく7連勝の近藤誠也五段との対局がある。
     ちなみにもう一人7連勝がいて、それは藤井七段の師匠である杉本昌隆七段(!)。
     近藤5段(6位)と杉本七段(7位)は藤井七段(31位)より順位が上なので、仮に上位者二人と藤井七段が同じ成績だった場合、つまり例えば三者が9勝1敗の成績だったりすると、藤井七段は順位の関係で昇級ができなくなる。
     9回戦となる藤井×近藤の直接対決が、昇級者を決める大一番となりますな。

     さて、第44期棋王戦挑戦者決定戦二番勝負。
     何故二番勝負かというと、一方はストレートで決勝まで勝ち上がった棋士、一方はベスト4以上で一度負けた棋士3名による敗者復活トーナメントの勝者で、ストレートで勝ち上がってきている棋士は1勝、敗者復活戦の勝者は2連勝が必要だからである。つまり一局若しくは二局で勝負が着くから二番勝負なのである。
     で、勝者側が広瀬章人八段、敗者復活側が佐藤天彦名人となり、その第一局で広瀬章人八段が勝ち、渡辺明棋王への挑戦者となった。
     う~ん、明日から竜王戦の最終局も戦う広瀬八段。
     何か今期は強すぎじゃねぇ!?
     一気に”二冠”となっても驚かないわ。
     またね。


    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック