FC2ブログ

    バカが調子に乗っている

    goingon.jpg
    3曲入りミニアルバム『Going on』ニューリリース!!
    iTunesストアやレコチョクなどでも配信開始!!

     さて、KOSS PORTAPROについてのもうちょっと詳しいレビューである。
     先ず装着感。
     本体がとにかく軽量コンパクトであることと、締め付けて装着するワケではナイから、非常に快適である。
     もうほとんど一生着け続けても(バ~カ!)大丈夫なくらいである。
     で、問題の音なのだが……。
     高音は延びないし、中音も艶はナイ。
     しかし低音はかなりの迫力である。
     こう書くと”全然ダメじゃん!?”と言う感じだが、それが意外とそうでもナイ。
     控えめな中高音だが、実はオイシイところはキチンと鳴っているかな。
     音楽を楽しく聴かせるには充分なのね。
     このヘッドフォンについてよく言われる、「元気な音」というのはその通りだと思う。

     元気な音ってからにはハードロックとかに最適なのか?と思われるかもしれないが、実は全然ダメですな。
     AC/DCやエロスミスなどを聴いたのですがねぇ~。
     相性は最悪な感じである。
     果たしてヘッドフォンの感想として適切かどうか判らないが、っていうか、多分適切じゃないと判った上で書くが、
    「バカが調子に乗っている!」
    ような音である。
     低音の強調具合が中高音を邪魔してしまう感じになる。
     所謂サウンドが太い(?)感じの音創りになっていると、このヘッドフォンのキャラクターと合わない気がする。

     対してスティングやカーズのようなやや軽めのポップス寄りロックだと、非常に聴きやすい感じである。低音があまり太くないサウンドだと、ちょっと弱めに思えた中高音が程よく聴こえるのである。
     付け加えるとトッド・ラングレンとの相性が抜群である。
     この機種とは言わないが、「トッド、KOSS使って制作したのか?」
    と言いたいぐらいだ。
     ホント、トッドの音源だと開放型の音場の広さも感じられる。

     正直言ってしまえば、たとえばベイヤーダイナミックDT770PROやジャーマンマエストロなどと比べたら、ヘッドフォンの性能、音質としては、まあ価格差もあるのだがかなり劣るだろう。解像度などは比べるべくもナイ。
     しかし、じゃあ比べた時にがっかりするのか!?と訊かれれば、これがそうでもない。
     KOSS PORTAPROは楽しい音なのよ、これが実に。
     前回も書いたけどね。

     ってなワケで、俺はヘッドフォンには1円たりとも余計に使いたくない!という人は別にして、4,000円ぐらいならネタとして使ってもイイよ!という人なら持っていてもイイかもしれない。決して損したとは思わないと思う。
     またね。


    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック