FC2ブログ

    記録更新ならず

     第77期名人戦・順位戦C級1組9回戦。
     全勝(8勝0敗)トップを走っていた杉本昌隆七段と藤井聡太七段の師弟コンビ。
     この9回戦を勝てば二人揃って来期B級2組 への昇級が決まるところだった。
     しかし、過熱気味のマスコミの期待に反して、杉本七段は船江恒平六段に、藤井七段は近藤誠也五段に敗れた。
     藤井七段のデビュー以来の順位戦連勝は18でストップ。
     これは中原誠十六世名人と並ぶトップタイの記録であるが、新記録更新とはならなかった。
     
     その結果、この四人が8勝1敗で並ぶという非常に熱い展開に。
     順位戦はA級の名人挑戦権を除くと昇級争いを懸けたプレーオフはナイ。
     昇級枠は2名で成績が同じ場合は順位が上の棋士が昇級する。
     勝敗が同じであってもこの4人には現在の順位によって優劣が存在する。
     ちなみに上から近藤五段(6位)、杉本七段(7位)、船江六段(14位)、藤井七段(31位)。
     最終局でこの4人の直接対決はナイ。
     よって、”自力昇級”があるのは近藤五段と杉本七段。
     この二人は勝てば文句なく昇級が決まる。
     船江六段は、最終局に負ければ即終了で、昇級するためには自分が勝った上で上位の近藤五段、杉本七段の両者、若しくはいずれかが負けた場合に昇級できる。
     順位が下の藤井七段の条件が当然最も厳しく、負ければ終了、勝っても上位3人のうち二人以上が負けてくれなければ昇級できない。

     ちなみに四人全員が破れたらどうなるか?
     そうなると8勝2敗となるから、現在7勝2敗で順位4位の高崎一生六段にも可能性が出てくる。
     最終局の相手は、近藤五段が増田康宏六段、杉本七段が千葉幸生七段、船江六段が金井恒太六段、
    そして藤井七段は都成竜馬五段。
     けっこうそれぞれキツイ相手であり、誰が昇級するのか予想は難しい。
     果たして藤井七段の連続昇級はあるのか?


    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2019/04 | 05
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック