FC2ブログ

    GermanMAESTRO

     みなさんお元気ですか?
     左耳に低音が帰ってきた鈴木です。
     そして耳が正常に戻った喜びそのままの勢いで、本日はヘッドフォンの話です。
     そもそもお前はそのヘッドフォンのせいで、耳がおかしくなったのでは!?というツッコミはもちろんアリです。

     当ブログでこれまで何度か書きましたが、昨年の夏に入手したヘッドフォン、
     GermanMAESTRO GMP8.35D MONITORについてです。
     これは誕生日のプレゼントとして相方に買ってもらったモノです。
     予算は3万ぐらいまでとのことでして、最初はギター弦を大量に買ってもらうことを考えました。イヤ、別に3万円分キッチリではありませんよ。そんなに買ってもヘタすれば錆びてしまいます。まあ1万円分くらい、つまり20セット程度ですか?それが現実的かなとか思ってました。

     しかし、ギター弦は消耗品であり、使えば消えてしまいます。
     ちょっと芸がナイかな!?
     それでやはり何か残るモノにしようと考えを改めました。
     となると……、ヘッドフォンバカとしては必然の流れです。
     予算の上限が3万円というのもいい塩梅ですね。
     2~3万円辺りの価格帯には魅力的で高品質なヘッドフォンが各社揃っているからです。

     最初は極々普通にゼンハイザーかAKGにしようと思いました。
     ゼンハイザーならHD599、AKGならK550MKⅢ。
     ゼンハイザーは私、これまでの生涯で所有したことがありません。
     AKGはこれまで2台所有、その印象はかなり良いです。2台とも気に入っていて使い倒しました。
     さてどうするか?
     結局、所有したことがナイ!というのが決め手になり、頭の中ではほぼゼンハイザーに決定していました。

     しかし、人間というのは、イヤ、多分私だけだと思われますが(笑)、意中の機種が決まったことでムダに心に余裕ができて、他の機種を物色し始めたのです。
     そこで何故か私の目に留まったのが、GermanMAESTROでした。
     このブランド、一応名前は知っていました。
     名前からも判るように、もちろんドイツ製です。
     ドイツ製、ええ、心安らぐ響きです。
     工業製品は”日本製”と”ドイツ製”という響きが双璧ですよね!?

     さて、意中のゼンハイザーもドイツ製です。
     この時点では新たに”ピンと来た”GemanMAESTROにアドバンテージはありません。
     それどころか知名度やこれまでの実績というか数々の評判でもゼンハイザーの圧勝です。
     それがどうしてこうなった?
     まあ単に私が天邪鬼であることは否定しません。
     そして私にはプレゼントとしてもらうモノに関してポリシーが在るのです。

    「プレゼントでもらうモノは一番欲しいモノではなく、二番目三番目ぐらいに欲しいモノをもらうべき!」
     一番欲しいモノはきっといつか自分で何とかして手に入れると思われます。
     もっとも、この時は別に一番欲しいのがゼンハイザーで二番目がGermanMAESTROというワケではなかったのですけどね。
     ただ、ゼンハイザーのヘッドフォンならヘッドフォン好きでアホな私のことだから、いつか自分で買うだろ!?ということが考えられます。

     このように、多分他人には理解不能と思われる私独自の思考回路を経て、
    GermanMAESTROが第一候補に躍り出ました。
     しかし、これには当然リスクが伴います。
     折角買ってもらったのに実は”大外れ”という危険性です。
     自分で買ったモノなら、「やらかした!」と笑って済ますことができますが、ワザワザ買ってもらうのです。
     買ってもらったモノが、もちろん私自身が選んだとは言え”やらかし系”であったりしたら、今後の家庭生活に支障をきたす怖れがあります。
    「こないだ買ってあげたあのヘッドフォンはどうなの?」と相方に問われて、
    「うん、最高だよ!」と満面のひきつった笑みで応えるワケにはいきません。
     そのような事態にならないように、このGermanMAESTROが”当たり”である確証を得なければなりません。

     ってなワケで、私は調べました。
     最新のテクノロジー(イヤ、ただのネットだけど)、知力(最近かなり衰え気味)、細胞の浸透圧(年を重ねると代謝が落ちるね)、財力(これはウソ)の全てを駆使しまくって調べたのです。
     と、ここまで書いたのですが購入までの経緯でこんなに長くなるとは思っていませんでした。
     もうほとんど読んでいる人はいないと思われますので、今回はここまでとして次回に続くことにします。

    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック