FC2ブログ

    またウィギンスですよ!!

     ってなわけで、連日2回書いてるのんで “他にやることないの!?” とか言われそうですが(笑)、もちろんそんなことはなくて、やるべきことはてんこ盛りなんですが、どうしてもスポーツ・ネタってのは新しいうちに書かないとね!!ってなワケで自転車ロードの個人タイムトライアルだったので、それについて書かなければなりません。

     現在のロード界は、個人タイムトライアルに関しては、ファビアン・カンチェラーラ、トニー・マルティン、ブラッドリー・ウィギンスが“3強”ってな感じでして、万全の状態だったらきっとこの3人がメダルを獲得して、その順番に関しては「その日の調子」で決まるんじゃない!?ってところなんですが、っていうか、私はそう思っています。

     しかしながら、マルティンは先日のツール・ド・フランスで左手首を骨折、カンチェラーラは28日のロードで落車して負傷し、直前まで出場は微妙とまで言われていまして、これじゃ、ウィギンスの金は確実じゃね!?という状況になってしまいました。

     とはいえ、ロードで英国チームはやらかしてしまい、ほぼ確実視されていたカベンデッィシュの金メダル獲得に失敗。ウィギンスにかかるプレッシャーは相当なモノだったと予想されます。

     それでもやっぱりウィギンスは強かった!!ツール・ド・フランスのマイヨ・ジョーヌに続きオリンピックでも金メダルとはね!!もうほとんどロード選手としては、これ以上ないぐらいの名誉ですな。この勢いで世界選手権の個人タイムトライアルまで優勝しちゃいますかね!?

     マルティンも頑張りましたね。現世界チャンピオンとしての面目を保つ銀メダル。個人的にはとても嬉しいです。っていうか、「俺ってマルティン好きなんだなぁ~!?」って気づきました。なんじゃそら!?

     カンチェラーラは怪我の影響か、彼としてはまったく“全然ダメ!”というレベルでした。そして空いた1席には “みんなの大好きな(笑)” やんちゃ坊主(本当にそうなのかは不明)クリス・フルームが入りました。でも冷静に考えるとかなり妥当な結果でした。ロードに較べればね!!

     しかしウィギンスが今季強過ぎるので、一部のロード・ファンからは、
    「ドー○ングじゃない!?」という声も出ていますな。まあ冗談半分ですがね。哀しいことにロードレースでは、強ぇ~!!と思っていると、後にドー○ング発覚!!ということが、これまで数え切れないほどありました。ウィギンスの所属する「スカイ・プロサイクリングチーム」は確か、“アンチ・ドー○ング!!”を掲げているので大丈夫だと思うんですが。
     その強さは最新のトレーニングのおかげであって、決して薬のせいじゃないよね!?ウィギンスさん!!
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2021/01 | 02
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック