FC2ブログ

    30年ぶり

     みなさん、こんにちは。
     レスポール・デラックスを買ってしまいましたが、どうしてそうなったのかムダに書いていきます。
     レスポール・デラックス。
     天邪鬼な私は最も人気が在るであろう”スタンダード”には元々それほど興味が無く、このミニハムバッカー搭載の”デラックス”の方が気になるギターでした。
     実は10年くらい前になりますが、それなりに本気でデラックスの中古を探したこともあります。
     当時は大体30万円も出せば'70年代 のそれなりに状態の良さそうなデラックスが見つかりました。
     しかし、最近は70年代もヴィンテージ扱いになりましたね。
     それってどうよ?と思う私であります。
     私の基準ではヴィンテージってのは'60年代までで、'70年代は”中古”でしょ!という感じであります。
     しかしながら世間ではいつの間にかしれっと'70年代までヴィンテージ扱いになりましたね。そのせいで私の考える”デラックスの中古”は状態の良いものだと40万以上になってしまいました。
     そもそも評判が余りよろしくなかったこの時代のギターに、40万以上出す気などさらさらありませんな。
     
     ってな感じで、このGibson Les Paul Deluxe 2019 Japan Proprietaryってのがリリースされた時に私の胸はときめきました。
     とはいえ、実際のところこのギターを本気で購入する気は無かったんですけどね。
     まあ間違い(笑)の始まりは、店員さんの「弾いてみますか?」の一言から始まってしまったワケです。
     今回の件で私は教訓を得ることとなりました。それは、
    「買う気が無いのに迂闊にギターを試奏してはいけない!」ってことです(笑)。
     ええ、弾いてしまってはダメです。
     その結果が、
    「30年ぶりに新品のギターを購入!」となってしまいました。
     もっとも、ブランクは全然無いのに30年間新品ギターを購入しなかった私もたいがいです。
     だって、必要なかったんだよ!
     黒カスタムは非常に気に入っているし、このギターでできないことはブレードR-4(ストラト)が在ったワケで、別に新しいギターなんか欲しくなかったんだよ。

     とか誰にイイワケしてるんだよ!って感じですが、買ってしまったのですから前向きに考えて行くことにします。
     購入その後については続きます。


    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    11 | 2020/12 | 01
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック