FC2ブログ

    ローズ指板

     みなさん、こんにちは。
     レスポール・デラックスってのはローズ指板なのですよ。
     実は私、ローズ指板のギターって高校2年の冬に買って半年程度で手放したトーカイ・ファイブスター(高崎晃氏のランダムスターのパクリみたいなギター)以来なのです。
     一応現在所有しているフェンダー・ジャズベースはローズ指板なのですが、他の5本のギターでローズ指板のモノはありません。
     ですからローズ指板を弾いていたのはまだ初心者に毛が生えた程度の37年前(笑)ってワケで、ローズ指板のギターはほとんど初めてと言ってイイぐらいなのです。
     
     で、ローズ指板はどうよ?って話ですが、まあ弾きやすいですね。
     エボニー指板のようにヴィブラートの時に指が”ぶにゅ~っと”沈み込む感覚は無くて(もっともこの感覚を有するのは世界でも私を含め数人であろう)、ときおり”硬っ!”と感じる時がありますが、概ね演奏上不都合を感じることはありません。

     ところでローズ指板。
     世間一般では色が黒い方が良いとされているかもしれませんね。
     楽器屋のサイトなどでも、”漆黒のローズ指板!!”などとセールスポイントになっていることも多いです。
     もっとも色が黒い方が音が良いのか?というと、それは科学的な根拠が在るワケでもナイようです。
     そもそもトップのフレイムメイプル(トラ杢)だって、プレーンメイプルと比べて音が良いと言い切れるワケではナイんですよ。
     まあ漆黒ローズやフレイムメイプルが美しい!のは確かですから、演奏者の気分も上がりますから、そういう意味では音だって良くなるかもしれませんけど(笑)。

     何故ローズ指板の色の話をしたのかというと私のデラックス、ローズ指板の色がかなり赤茶色なんですよ。
     指板の色にも拘る人からすれば、まずソッコー購入候補から外すレベルかもしれません。 
     それでもこのギターを買ったのは、そもそも選択の余地がほとんど無かった(笑)ことと、私、ローズ指板にアレコレ言えるほどローズ指板について知らないからですね。
     ちなみに候補№2のデラックスの方が指板の色は黒かったです。

     ってなワケで、人によってはダメ出しされるかもしれない赤茶けたローズ指板。
     別に負け惜しみのつもりは無いですが、ゴールドトップの色にけっこう近い感じがして、これはこれでイイんじゃない!?とか思うようになりました。
     そんな感じです。


    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    08 | 2020/09 | 10
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック