FC2ブログ

    弦高が下がった

     みなさん、こんにちは。
     予想はしていましたが将棋の第78期名人戦七番勝負が延期になりました。
     本当は本日が第1局の一日目だったのですが……。
     ってなワケで、やっぱり今回もギターの話です。
     先日ナット交換されて無事帰還したYAMAHA SF-7000、弦交換されていまして果たしてその弦のブランドは?

     私の予想というか弾いた感じではGHSではないか!?と書きましたが、先日その弦を愛用のアーニーボール・レギュラースリンキーに換えたワケです。
     うん、弦を換えただけですが、弦高自体が変わったように感じます。
     換える前よりも”低く”なった感じです。
     弦のブランドやゲージを変えるとこういうことはまあ起こります。
     そんなワケでほんの僅かですが弦高を6弦側、1弦側両方とも上げました。
     多分0.1mmとかそのくらいでしょうけど。
     当たり前かもしれませんが、愛用の弦に換えたら非常にフィーリングが良くなりました。 
     ナットを換えたことで、これまでやや気になっていたフレットの減りもそれほど気にならなくなりました。
     結論としてナット交換は大成功ということで。
     まあお金をかけたんだからそうじゃなきゃ困りますが。

     で、弦高が低くなったってことは、これまで張られていた弦はアーニーよりも硬いということですかね。
     ところで、弦の硬さって人によって感じ方が多少違うようです。
     きっと科学的検証をすれば一応の結果は出ると思うのですが、個々のセッティングや表面のざらつき具合や音の感じ方で、人によって印象が変わってくるのでしょう。
     アーニーボール、ダダリオ、GHSの代表的なブランドでさえ、この三社間での比較において違った意見を見ることがあります。
     私的には硬さの順は、GHS>ダダリオ>アーニーボールであって、まあこの意見はけっこう一般的かな!?と思うのですが、アーニーが一番硬いと言う人、いやいやダダリオが一番硬いでしょ!と言う人もいますね。
     まあGHSが一番柔らかいという意見は見たことないですけど(笑)。

     私は当ブログで以前、普及価格帯の弦15種類のレビューを書きましたが、その時にアーニーボールよりも硬いと感じた弦は、GHS、ダダリオ、SITの3ブランド。
     リペアから戻って来た時張ってあった弦はボールエンドが色分けされていませんでしたのでダダリオではナイ。っていうか、ダダリオに関してはもう弾いた時の音で違うのは判っていましたけど。
     SITはどうか?歪ませた時の粒立ちの良い硬派な感じはSITっぽいとも思いましたが、このブランドの特徴である”異次元のチューニング安定性”はありませんでしたし、そもそもワザワザSITを張るか?(高価なワケではないが)。

     ってなワケで、消去法だとGHSになりますね。
     音的にもそれっぽかったし、GHSほど普及している弦であれば、リペア時の交換用として使われても不思議はありません。
     まあ真相は闇の中なんですが、別に「このリペア時に張られていた弦をまた使いたいのでどこのブランドか知りたい!」というワケではありませんので、実はどうでもイイことなのでした(笑)。


    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    そこかしこで弦によるテンション感の違いは話題になります。
    でも、正直私は余り分かりません。
    張った瞬間は何となく分かるような気がしますが、直ぐに慣れてしまいます。
    鈍感なのでしょうか?
    確かに手触りとかは違いますし、音の差は分かります。
    同じ材質で同じ太さで同じピッチだとしたら同じ張力なはずなのですが、実際のところはどうなのでしょうか?
    そう言えば、レスポール等のテールピースの上下によるテンション感の違いも分かりません。
    TOMに当たらない様に上下を調整するだけです。
    やっぱり鈍感なんですね。

    Re: No title

    > 同じ材質で同じ太さで同じピッチだとしたら同じ張力なはずなのですが、実際のところはどうなのでしょうか?
    そう、そのはずなのです。
    でも実際に変わったように感じてしまいます。
    私的には、やはり手触りと音の違いによる錯覚がかなり作用しているように思っています。
    ただ、今回は実際に弦高を変えましたが、黒カスタムやSF-7000にもアーニーではなくDRをタマに張る時があり、
    その時に弦高調整をしたことはありません。
    弦のブランドを変えたことで弦高調整までした今回の方がレアケースかもしれません。
    テールピースの上下に関しては、実は私も余り判りません。
    これまで実感は無いに等しいですし、通常の調整項目からは外しています。

    No title

    そうお感じになりますか。
    その上弦の通し方、裏通しとか、ブリッジ通しとか、果てはデュアン通しとか、いよいよ分かりません。
    当然TOMとブリッジテールピースの差も分かりません。
    そんな訳でレスポールはTOMよりもブリッジテールピースの方が好きです。
    でもオクターブチューニングの問題は有ります。
    PRSのはノンアジャスタブルでもかなり正確に合います。
    10のセットで4弦が少し怪しい位で他はバッチリです。
    これってとても不思議ですが事実です。
    弦は本当に面白いです。
    テンションは分かりませんが、音は分かりますので色々と試すと面白いです。
    寿命は無視しています。
    新しい弦が好きなので関係有りません。

    Re: No title

    ストップテールピースは見た目の割には(笑)弾きやすくて、一度試すとこちらの方が好きになる人も多いそうですね。
    私、残念ながら試したことがありません。
    確かにギブソンタイプはもうその構造上、オクターブが合うとは思えませんね。
    実はローアクション様の影響から、これまでほとんど興味を持たなかったPRSを色々と調べてみましたが、
    一番気になったのはその”ノンアジャスタブル”というところでした(笑)。
    私のような”アホ弦高”ではさすがに無理かも?と思いました。
    ただし、ギブソンタイプよりは遥かに希望は持てますけど……。
    弦は面白いです。
    弦交換が面倒と言う人もいますが、その面倒を引いても有り余る楽しさがありますよね。

    No title

    はい、これが本当に合うのが不思議です。
    最初のPRSはアジャスタブルが付いていましたが、メカニカル感がうるさいので交換しました。
    見た目スッキリで全然カッコ良いです。

    ギブソンやフェンダーが偉いのは部品をデザインした事だと思います。
    PRSも同様なので好きです。
    糸巻まで専用設計でしたが、ピックアップだけは他所から持って来た物でした。
    でも、今はオリジナルデザインのピックアップを作りました。
    これがまた良い製品です。

    弦交換を嫌がる人が居ますが、全く苦になりません。
    確かにその行為は?ですが、新品の弦の支障にはなりません。
    今では弦の価格も安くなったので、ちょっとでも劣化したら速攻で交換です。
    折角のお気に入りギターですから気持ち良いのが一番です。
    管理人様と全く同じ意見です。
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック