FC2ブログ

    タマには異星人以外の優勝も

     ネタに困っていると言ったのに、舌の根の乾かないうちに日に2本書いたりするところが、私の判らないところですな(笑)。とはいえ、今回はスポーツ・ネタですので、ストックしておくワケにもいかないのです。

     ってなワケで、世間で今、スポーツ・ネタと言えばオリンピック関係か!?と思われがちですが、全然そんなことはありません。でも伊調選手と吉田選手はおめでとうございます!!絶対的な本命で試合に臨んで勝つというのが、どのぐらい大変なことなのか、想像することさえ、ヘタレな私にはできませんよ!!

     で、オリンピックとは関係なく重要なスポーツ・イベントってのも実はやっているわけです。そう、それは言うまでもなく(?)、ATPマスターズ1000トロント大会であります。(敬礼!!)

     オリンピックのテニスの開催期間中から、上位選手は次のトロントは大丈夫なのか!?と余計な心配をしていた鈴木ですが、心配はある意味的中しています。例年だとほとんどの上位選手がエントリーしているこのカナダ大会(隔年でトロントとモントリオールで開催)なんですが、ナダルが怪我、フェデラーがやっぱりヤメタ!!ってことで、最初から異星人二人が不在。最強地球人ではフェレールがパスってことで、上位のうち3人が不在の中スタート。

     そしてある程度予想されましたが、オリンピックでシングルスベスト8になった選手で、トロントの3回戦(ベスト16)に残れたのは、ジョコヴィッチ、マレー、イズナーの3人だけ。ツォンガ、デル・ポトロ、錦織はやっぱりダメでしたわ。ついでにマレーは棄権してしまいました。膝の調子が余り良くないので大事を取った模様。次週のシンシナティは前年優勝者ですし、全米オープンで優勝を狙っているのは間違いないところですので、仕方がないかもしれません。

     さて、ジョコヴィッチはカナダ大会の前年優勝ってことで、ポイントを守りたいでしょうが、果たしてどれほどのモチベーションと体力が残っているでしょうか。既に異星人3人がいないわけですから、従来のツアーであればもう勝ったも同然って感じなんですが……。

     私はジョコヴィッチは適当に流すような気がします。っていうか、重要なのはやっぱり全米オープンでしょうから。というわけで、今大会はマスターズ1000以上の大会では約2年ぶりに(2010年のパリ・インドアでソダーリングが優勝)、異星人以外の優勝者が出るかもしれません。個人的にハースに頑張って欲しいと思っていますが、っていうか次はステパネクとの“ジジイ対決”ですね(笑)。さすがに難しいかな??で、現実的に考えると、ベルディヒとラオニッチあたりが来るんじゃないかと……。あとオリンピック関係なかったフィッシュね。このところベルディヒは何故か私が話題にすると私の“呪い”にかかっていますが、今度こそはやってくれるんじゃないかと思っています。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2021/01 | 02
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック