FC2ブログ

    ミュートはやりやすいのだが

    Whatf.jpg
    『WHAT KIND OF FUTURE DO YOU WISH FOR?』ニューリリース!!
    どうぞご試聴下さいませ。

     みなさん、こんにちは。
     レスポール・デラックスの常用弦を再考し、それにあたってGibson Brite Wiresを先日張ってみた私。
     感想を書いてみたいと思います。
     先ず結論から言ってしまえば、R.Coccoから栄えある(?)常用弦の座をBrite Wiresが奪うことはありません。 
     とはいえ、この検証は非常に実りのあるモノとなったと言いたいですね。

     Brite Wiresはディストーション・サウンドにおいて、非常に良かった!と言わせてもらいましょう。
     アーニーボールやDRだと中々に厄介な高域のピキピキ成分がほとんどありません。
     だからと言ってブライト感が無くなってヌケの悪い音になるのか!?
     イヤイヤ、非常にドライな感じで気持ちの良いディストーション・サウンドになります。
     まあ予想はしていましたが、R.Coccoよりは弦自体の出力が小さくてゲインが下がりますけどね。
     そしてこの弦、5年前に検証した時には気づいていませんでしたが、弦の振幅が小さいのね。
     だから音の起ち上がりもクイックです。
     ってことはサスティンはショボいんでしょ!?ってか?
     ところがそんなことは無く、むしろサスティンは長めだと思います。

     そしてその振幅の小ささによるメリットを発見しました。
     ミュートがとてもやりやすいです。
     弦が物理的に暴れないから結果としてそうなるのだと思われます。
     加えてピックの減りも非常に少ないです。
     弦が暴れないために、ピックに擦れる時間や力が減るからだと思われます。
     巻き弦の表面がアーニー、DR、R.Cocco等よりも滑らかなこともあるとは思いますが、ホント!この3社の4分の一ぐらいしかピックのカスが出ませんな。

     正直、デストーション・サウンドに関しては満足のいくものでした。
     さすが本家、ミニハムだからって変にキンキンするような事態にはなりませんでした。
     その辺のバランスはきちんと考慮されているようです。

     しかしながら……、クリーントーンがね。
     以前検証した時は、今ほど指弾きクリーンをやっていなかったから気づかなかったのね。
     うん、全然ダメです。
     振幅が小さいから物理的なリアクションはやりやすいのですけど、音に艶や色気を全く感じません。
     何か音に深みがありませんね。ボディが鳴っている感じが全然ありません。
     まあ無機質なコードカッティングとかには向いていそうですが。
     R.Coccoにはもちろん、DRやアーニーにもその音の艶では遠く及びません。
     とにかく、クリーンサウンドでは弾いている楽しさを感じることができませんでした。
     最近私は指弾きクリーンがほとんどメインになっていることもあり、これはちょっと無理です。

     まあでも、このディストーション・サウンドはかなり魅力的ですし、ディストーション・サウンドがメインの方であれば使ってみるのは良いかもしれません。
     ミュートもやりやすいですし。
     ってなワケで、次の弦の検証に行きたいと思います。


    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    08 | 2020/09 | 10
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック