FC2ブログ

    太けりゃイイってもんじゃない

    Whatf.jpg
    『WHAT KIND OF FUTURE DO YOU WISH FOR?』ニューリリース!!
    お奨めは四曲全部です!


     みなさん、こんにちは。
     ギターの弦交換が趣味の鈴木です。
     レスポール・デラックス用の常用弦候補として張ってみたSIT POWER WOUNDの感想です。
     もっとも、この弦がR.Coccoの座を奪うなどとは、最初からカケラも思っておりません。
     ただ単に久しぶりに張ってみたかっただけです(笑)。
     イヤぁ~、SIT。
     ディストーション・サウンドが太いです。
     コードの分離感も良いです。
     テンションはごく普通かな?
     サスティンはBrite Wiresの方が上です。

     ちなみにディストーション・サウンドでプレイしていたら、傍らで聴いていた相方が、
    「何か、妙に野太い音ね」
    と言っていました。
     うん、弾いている本人だけでなく、傍で本気で聴いているワケでもない人にも太く聴こえるようです。
     まあコードの壁を築きたい人には向いているかもしれませんが、私は全然好きではありません。
     一般に”太い音”ってのはポジティブな意味で使われることが多いと思いますが、太けりゃイイってもんじゃないんだよ!と言いたくなります。
     でも、きっと気に入る人もいることでしょう。

     クリーンサウンドはBrite Wiresよりは鳴っている感じがしました。
     しかし艶も色気もイマイチだと思います。
     ただし、各弦のバランスとこのブランド最大の売りであるチューニングの狂いの無さは流石のレベルです。
     もっともチューニングに関しては、キチンとセッティングされたギターで、弦を充分に伸ばして張れば、マトモなブランドの弦であればほとんど問題になることはナイと思われます。
     いくらSITの弦が狂いにくいとは言っても、「一度チューニングしたら張り換えるまではペグに触ることはナイ!」なんてことはありませんので、このアドバンテージも言うほどではないかもしれません。
     
     う~ん、2種類終えたところで……。
     やっぱりR.Coccoってのは良い弦なのね(笑)。


    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2020/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック