FC2ブログ

    悪い弦ではないけれど

    Whatf.jpg
    『WHAT KIND OF FUTURE DO YOU WISH FOR?』ニューリリース!!
    試聴できます。どうぞよろしくお願い致します!


     みなさん、こんにちは。
     R.Coccoに替わるレスポール・デラックス用の弦を探す旅、第三章のSolid Bond。
     その結果や如何に!?
     この弦はですね……、アーニーボールにかなり似ていますね。
     アーニーボール愛用歴35年の私がそう感じるのですから、多分そうです。
     ただあそこまで高音域がギンギンキラキラはしていません。
     中低音域はかなりそっくりです。
     アーニーボールの高音域が暴れるのを嫌う人は相当数いますが、案外そういう人にはピンポイントかもしれません。
     ええ、つまり決して悪い弦ではありません。

     クリーンサウンドも中々です。
     弦が豊かに鳴っている感じもあります。
     クリーンはこれまでのBrite Wires、SITに比べると私的には好みです。
     じゃあそのクリーンは、R.Cocco、DR、そして似ているアーニーボールより上か?と言うと、う~ん、別に勝ってはいないかな。

     まあ今後はこの弦を使うように!と言い渡されて使用を余儀なくされても困るレベルではありませんけど。
     っていうか、そもそもその仮定はなんなの!?って話ですが。

     ってな感じで、悪い弦ではナイですが、私がワザワザ使う理由はカケラもありませんね。 
     ショボいパッケージの上に、アーニーボールよりも250円も高く、DRと同じぐらい。
     アーニーボールに似ているってことで、ミニハムとの相性が良いワケでもナイです。
     
     ちなみにこれまでの3種のランキングを。
     ディストーション・サウンドは、Brite Wires>>Solid Bond>SIT
     クリーン・サウンドは、Solid Bond>>SIT>Brite Wires
     コストパフォーマンスは、SIT>Brite Wires>>Solid Bond
     何か見事に順位が入れ替わっているのね(笑)。
     つまりどれでも大差ナイってことですな。
     う~ん、敢えて一番良いのはどれか?と考えますと、やはり”純正”のBrite Wiresかな!?
     でもR.Coccoとの比較だと、R.Cocco>>>Brite Wiresぐらいになるかな(笑)。
     デラックス用の弦を探す旅は続きますが、結局R.Coccoに落ち着く予感アリアリです。


    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2020/10 | 11
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック