FC2ブログ

    結局のところ異星人が……

     やっぱり○○○はダメだったかぁ~、って、もう伏せ字にする意味ないじゃん(笑)。 何が“ジョコヴィッチは流すと思う”なんでしょうか!?って自分に言ってもしょうがないですね。やっぱり異星人は強かった!!もちろんトロントはみんなが厳しい条件での戦いでしたが、その中でも特に厳しい条件と思われたジョコヴィッチが優勝しました。約2年ぶりのマスターズ1000以上の大会で異星人以外の優勝かと思われましたが、天才○○○も、いやガスケは及びませんでした。でも冷静に考えてみると、ジョコヴィッチの優勝は3月のマイアミ以来久しぶりです。

     今年のマスターズ1000はトロントが6大会目で、ここまでのグランドスラム3大会を含めた9大会のタイトルは、

    フェデラー・・・・・インディアン・ウェルズ、マドリッド、全英
    ジョコヴィッチ・・・全豪、マイアミ、トロント
    ナダル・・・・・・・モンテカルロ、ローマ、全仏

     と、ちょうど3強が3つずつ分け合う形となり、なんともATPは熾烈な争いなんだなと思わされます。っていうかマレーどうしたの!?というツッコミが入りそうですが、マレーは今週のシンシナティのタイトルを防衛し、全米も獲って、ホラ!?オリンピックとあわせて3つのビッグ・タイトルだよぉ~ん!!異星人4人が3つずつだよぉ~ん!という展開を狙っているのですよ。っていうか、それは私の希望かもしれませんね。全国20万人(これぐらいか!?)のマレー・ファンのみなさんから、

    “こいつ余計なこと言うんじゃね~よっ!!”

    って声が聞こえてきそうですが、きっとそうなりますよ。でもシンシナティのドローはフェデラーが楽かな!?と思えます。マレーはジョコ山でデル・ポトロとロディックのオマケ付きです。今さらロディックは無いだろう!?って意見もあるでしょうが、ここはアメリカです。もう一花咲かせてもらいましょう。

     残念ですがナダルは引き続き欠場で、全米でハード・コートをぶっつけ本番ってなことになります。そしてツォンガは消火栓に足をぶつける事故(?)で怪我を負って欠場です。う~ん、何があるか判りませんね。一応二人とも全米は出場予定らしいですが、元気に戻ってきて欲しいものです。ってなわけで、今週も目が離せない日々が続くのでした。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2021/05 | 06
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック