FC2ブログ

    70年代のロック

     あまりお気づきにならないかもしれませんが、当ブログとホームページの体裁をちょくちょく変えております。みなさんにとって、どうしたら読みやすいだろうか!?と私なりに考えてのことなんですが……。一覧できる記事の数とかは、私的には読んで欲しいと思うあまり、以前はダァ~ッと出したりしていたんですが、1本の長さがそれなりにあるので、かえって読みづらいかな!?とか葛藤しています。何かお気づきの点があればご一報下さると有り難いです。参考にさせていただきます。 

     さて、私はオッサンなミュージシャンってこともあって、持っているCDの大半が1970~80年代のモノで、ほとんどが洋楽です。大体2000枚ぐらいあります。普通の人からすればビックリするような数かもしれませんが、ミュージシャンであったりレコード・CDマニアの人達の中では普通ぐらいの数ではないかと思われます。私の楽曲を聴いてくれたことがある人であれば、
    「そうそう、このオッサン、70年代テイストだよね!」
    とか思うかもしれません。確かに私が70年代のロックに影響を受けていることは否定しません。

     そんな私ですが、実はちょっと気になっていることがあります。70年代はロックの黄金期ってことになっているんですが……、う~ん、確かにそうかもしれませんが、70年代に活動していただけでムダに評価されているバンドもあるような気もするんですわ。

     っていうかね、70年代ってムダに美化されすぎのような気がするんです。今現在、その当時のモノを聴くと、けっこう“ダッセェ~!!”のもたくさんあります。冷静に考えると、70年代でもゴミのようなバンドはたくさんあって、その比率はいつの時代でもそう変わらないんじゃないか!?って思うのです。

     実際のところ、70年代のモノをたくさん持っていても私が良く聴くCDってかなり数が限られています。それは、70年代だからって良いモノばかりじゃないからだと思っています。レッド・ツェッペリンやピンク・フロイドやデビッド・ボウイのような偉大すぎるアーティストのおかげで、“70年代は最高だった!!”ってことになっているだけじゃないか!?と言ったら言い過ぎかもしれませんが……。

     とか思っているんですが、やっぱり70年代は最高ですかぁ~!?

    うん、言い過ぎかもね。私の楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック